【2022年】株の取引手数料が安くて初心者にもおすすめのネット証券10選

2022.06.10更新
(2022.03.14公開)

株式

このページをシェアする

【2022年】株の取引手数料が安くて初心者にもおすすめのネット証券10選

株をはじめたいのですが、株の取引手数料はどのくらい掛かりますか?手数料が安い証券会社があれば教えてください!

※掲載内容を最新情報にアップデートしました(2022/6/10)

株をはじめるにあたって、取引手数料がいくらなのかは気になるところですよね。ましてや、その手数料が証券会社によって違うとなれば尚更でしょう。でも、ご安心ください。ここでは株初心者の方のために、手数料がどのくらい必要なの? 安くておすすめの証券会社はどこ? についてわかりやすく解説します。

証券会社選びで大事なのは株売買手数料の安さ

証券会社を選ぶうえで最も大事なことは、株売買手数料の安さです。というのも、株は買う時も売る時も手数料がかかり、その手数料は証券会社によって異なるからです。

仮に、10万円分の株を買って、11万円になった時に売ったとしましょう。差額の1万円が利益になりますが、この時の売買手数料がA証券は100円、B証券は1000円だったとすると、実際手にできる利益は以下のとおりです。

A証券
1万円-買手数料100円-売手数料100円=9800円
B証券
1万円-買手数料1000円-売手数料1000円=8000円

同じ取引にもかかわらず、手数料の違いで約20%も利益に差がでちゃいました。

ベテランの投資家たちは、この手数料の差にとてもシビアです。なぜなら、買った株が上がるか下がるかは自分でコントロールできないけど、コスト(手数料)はコントロールできるから。これから株を始めるあなたにも、余計なコストは使ってほしくありません。ということで、証券会社を選ぶ際は、手数料が安い会社を選ぶことをおすすめします。

手数料の安さならネット証券会社がおすすめ

証券会社には、店舗を構えて対面で取引をする会社(総合証券)と、店舗を持たないオンライン取引専業のインターネット専業証券(ネット証券)があります。はたして、手数料が安いのは、総合証券とネット証券のどちらでしょうか?

総合証券は、顧客一人ひとりに担当者がつき、窓口や電話で話をしながら注文を出してくれたり、アドバイスをしてくれたりします。サポートが充実しているものの、その分、手数料は高くなります。なかには口座管理料がかかるところもあります。

一方、ネット証券は、PCやスマホで注文を出せば取引が完結します。店舗や担当者を抱える必要がない分、手数料も安いのが大きな特徴です。下の比較表をみると、その差は歴然ですね。

主な総合証券とネット証券の手数料比較

総合証券

証券会社名 1回の取引額が
~5万円 ~10万円 ~20万円 ~50万円
野村證券 2,860円 約定代金の1.430%
大和証券 最低手数料2,750円(約定代金の1.265%)

ネット証券

証券会社名 1回の取引額が
~5万円 ~10万円 ~20万円 ~50万円
SBI証券 55円 99円 115円 275円
SBIネオトレード証券 50円 88円 100円 198円

※2022年6月10日時点

※国内現物株 1回の取引ごとの手数料、税込の金額

※野村證券は窓口(基本)の手数料

※大和証券はダイワ・コンサルティングコース窓口の手数料

株投資の初心者は、ネット証券の存在を知らないこともあって、利用に不安を感じるかもしれません。ですが、ネット証券大手のSBI証券は、ネットによる取引に抵抗のない若年層を中心に、すでに多くの方が利用しています(SBIグループ証券口座開設数は800万口座以上!)。

株取引の世界では、ネットでの取引が既にスタンダードになっています。ネット証券各社もセキュリティの不安を解消する対策を行っているので、初心者の方もご安心ください。

初心者にもおすすめ!手数料の安いネット証券ランキング

ここからは主要なネット証券10社の手数料を比較して、おすすめランキングを発表します。

まず覚えておきたいのが、株取引の手数料には「都度プラン」と「1日定額プラン」があって、利用者が好きな方を選べるということ。

「都度プラン」とは、1回取引するたびに手数料がかかるスタンダードなプランで、取引額に応じて手数料が設定されています。「1日定額プラン」とは、1日の取引の合計金額に対して手数料がかかるプランです。

まずはそれぞれのプランごとに、実際の手数料を比較してみましょう。

ネット証券10社の都度プランの手数料比較

※表を横スクロールすると全体を確認できます

順位 証券会社名 1回の取引額が 合計
~5万 ~10万 ~20万 ~50万 ~100万 ~150万
1位 SBIネオトレード証券 50円 88円 100円 198円 374円 440円 1250円
2位 DMM 株
(25歳以下0円)
55円 88円 106円 198円 374円 440円 1261円
3位 GMOクリック証券 50円 90円 100円 260円 460円 550円 1510円
4位 SBI証券
(25歳以下0円)
55円 99円 115円 275円 535円 640円 1719円
4位 楽天証券 55円 99円 115円 275円 535円 640円 1719円
4位 マネックス証券 55円 99円 115円 275円 535円 640円 1719円
4位 LINE証券 55円 99円 115円 275円 535円 640円 1719円
8位 auカブコム証券
(25歳以下0円)
55円 99円 115円 275円 535円 1089円~1584円
(約定金額×0.099%+99円)
2168円~2663円
9位 岡三オンライン
(25歳以下0円)
108円 108円 220円 385円 660円 1100円 2581円
松井証券

※手数料は税込の金額、2022年6月10日時点

ネット証券10社の1日定額プランの手数料比較

※表を横スクロールすると全体を確認できます

順位 証券会社名 1日の取引額が 合計
~50万 ~100万 ~150万 ~200万 ~300万
1位 SBIネオトレード証券 0円 0円 880円 1100円 1540円 3520円
2位 SBI証券
(25歳以下0円)
0円 0円 1238円 1238円 1691円 4167円
2位 GMOクリック証券 0円 0円 1238円 1238円 1691円 4167円
4位 岡三オンライン
(25歳以下0円)
0円 0円 1430円 1430円 1980円 4840円
5位 楽天証券 0円 0円 2200円 2200円 3300円 7700円
5位 auカブコム証券
(25歳以下0円)
0円 0円 2200円 2200円 3300円 7700円
7位 松井証券
(25歳以下0円)
0円 1100円 2200円 2200円 3300円 8800円
8位 マネックス証券 550円 550円 2750円 2750円 2750円 9350円
DMM 株
LINE証券

※手数料は税込の金額、2022年6月10日時点

ご覧のとおり、各社の手数料に差があって、どこを選んでも同じではないことが分かると思います。なので、ここからは都度プランと1日定額プランを総合的に判断した「手数料の安いネット証券ランキング」を発表します。

各社の特徴もあわせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

1位SBIネオトレード証券

※表を横スクロールすると全体を確認できます

都度プラン
の手数料
1位 ~5万 ~10万 ~20万 ~50万 ~100万 ~150万 合計
50円 88円 100円 198円 374円 440円 1250円
1日定額プラン
の手数料
1位 ~50万 ~100万 ~150万 ~200万 ~300万 合計
0円 0円 880円 1100円 1540円 3520円

〇 業界最安水準の取引コスト

SBIネオトレード証券の株取引手数料は、「都度プラン」「1日定額プラン」とも業界最安水準。1日定額プランなら毎日100万円までの取引に手数料が掛かりません。とにかくコストを抑えて株取引したい、という方にはもっともおすすめのネット証券です。

〇 国内株以外の取引には弱い…

なかには国内株取引以外、たとえば「投資信託」「外国株」「債券」「FX」などもやってみたいという人もいると思いますが、その点からはSBIネオトレード証券をおすすめできません。というのも、「外国株」「債券」「FX」はそもそも取り扱いがなく、「投資信託」もわずか10本しか扱っていないからです。国内株以外にも興味がある人という人には不向きです。

SBIネオトレード証券の無料口座開設はこちら!

2位GMOクリック証券

※表を横スクロールすると全体を確認できます

都度プラン
の手数料
3位 ~5万 ~10万 ~20万 ~50万 ~100万 ~150万 合計
50円 90円 100円 260円 460円 550円 1510円
1日定額プラン
の手数料
2位 ~50万 ~100万 ~150万 ~200万 ~300万 合計
0円 0円 1238円 1238円 1691円 4167円

〇 業界最安水準の取引コスト

GMOクリック証券の株取引手数料は、「都度プラン」「1日定額プラン」とも業界最安水準。1日定額プランなら毎日100万円までの取引に手数料が掛かりません。とにかくコストを抑えて株取引したい、という方におすすめできるネット証券です。

〇 外国株の取引はできない…

GMOクリック証券では国内株の他に「投資信託」「債券」「FX」などの取引が可能ですが、「外国株」だけは取り扱いがありません。いま流行りの米国株取引にも興味があるという人には不向きです。

GMOクリック証券の無料口座開設はこちら!

3位SBI証券

※表を横スクロールすると全体を確認できます

都度プラン
の手数料
4位 ~5万 ~10万 ~20万 ~50万 ~100万 ~150万 合計
55円 99円 115円 275円 535円 640円 1719円
1日定額プラン
の手数料
2位 ~50万 ~100万 ~150万 ~200万 ~300万 合計
0円 0円 1238円 1238円 1691円 4167円

〇 多くの人に選ばれているネット証券

ネット証券最大手のSBI証券は、手数料の安さ、豊富な取扱商品、最高評価のサポート体制など、総合的に優れているネット証券です。そのため、国内株式個人取引シェアで業界ナンバーワン(2021年4~6月)に輝くなど、大変多くの人に選ばれています。

〇 業界最安水準の取引コスト

SBI証券の株取引手数料は、「都度プラン」「1日定額プラン」とも業界最安水準。1日定額プランなら毎日100万円までの取引に手数料が掛かりません。とにかくコストを抑えて株取引したい、という方におすすめできるネット証券です。

〇 IPOも!米国株も!投資信託も!

SBI証券は、IPOも、米国株も、投資信託も、他社に比べて大変充実しています。

  • IPO取扱実績がすごい
    (2021年3月通期の全新規上場会社の約93%を取り扱い)
  • 米国株式の取扱銘柄数がすごい
    (約6000銘柄)
  • 投資信託の取扱銘柄数がすごい
    (全て購入手数料無料の2709本)
SBI証券の無料口座開設はこちら!

4位岡三オンライン

※表を横スクロールすると全体を確認できます

都度プラン
の手数料
9位 ~5万 ~10万 ~20万 ~50万 ~100万 ~150万 合計
108円 108円 220円 385円 660円 1100円 2581円
1日定額プラン
の手数料
4位 ~50万 ~100万 ~150万 ~200万 ~300万 合計
0円 0円 1430円 1430円 1980円 4840円

〇 1日100万円までの国内株取引が無料

岡三オンラインの1日定額プランなら毎日100万円までの取引に手数料が掛かりません。少額の取引がメインになりそうな人なら、コスト0円の範囲内で十分足りるでしょう。

〇 全員に現金2000円プレゼント中

いま当サイトから岡三オンラインで口座開設&証券口座に5万円以上入金で、もれなく現金2000円のプレゼントキャンペーンを実施しています。大変お得なキャンペーンなので、岡三オンラインに口座開設をお考えの人はぜひご利用ください。

〇 外国株と債券の取引はできない…

岡三オンラインでは国内株の他に「投資信託」「FX」などの取引が可能ですが、「外国株」「債券」は取り扱いがありません。これらの取引をお考えの人には不向きです。

岡三オンラインの無料口座開設はこちら!

5位楽天証券

※表を横スクロールすると全体を確認できます

都度プラン
の手数料
4位 ~5万 ~10万 ~20万 ~50万 ~100万 ~150万 合計
55円 99円 115円 275円 535円 640円 1719円
1日定額プラン
の手数料
5位 ~50万 ~100万 ~150万 ~200万 ~300万 合計
0円 0円 2200円 2200円 3300円 7700円

〇 多くの人に選ばれているネット証券

ネット証券大手の楽天証券は、手数料の安さ、豊富な取扱商品など、総合的に優れているネット証券です。そのため、総合口座開設数4年連続1位、NISA口座開設数3年連続1位に輝くなど、大変多くの人に選ばれています(いずれも主要ネット証券5社との比較)。

〇 業界最安水準の取引コスト

楽天証券の株取引手数料は、「都度プラン」「1日定額プラン」とも業界最安水準。1日定額プランなら毎日100万円までの取引に手数料が掛かりません。とにかくコストを抑えて株取引したい、という方におすすめできるネット証券です。

〇 お得なキャンペーンがいっぱい!

楽天証券は、米株積立や純金プラチナ積立などを取引するユーザーを対象に「楽天ポイント」をプレゼントするキャンペーンを実施しています。楽天銀行や楽天カードと組み合わせるとお得になるキャンペーンもあるので、楽天経済圏を利用している人はチェックしてみてください。

楽天証券の無料口座開設はこちら!

6位auカブコム証券

※表を横スクロールすると全体を確認できます

都度プラン
の手数料
8位 ~5万 ~10万 ~20万 ~50万 ~100万 ~150万 合計
55円 99円 115円 275円 535円 1089円~1584円 2168円~2663円
1日定額プラン
の手数料
5位 ~50万 ~100万 ~150万 ~200万 ~300万 合計
0円 0円 2200円 2200円 3300円 7700円

〇 ネット証券No.1の財務格付「A+」

auカブコム証券は三菱 UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のネット証券会社です。さらに2019年にはKDDIとも提携したこともあり、JCRによる財務格付けでネット証券唯一の「A+」評価を受けています。

〇 1日100万円までの国内株取引が無料

auカブコム証券の1日定額プランなら毎日100万円までの取引に手数料が掛かりません。少額の取引がメインになりそうな人なら、コスト0円の範囲内で十分足りるでしょう。

auカブコム証券の無料口座開設はこちら!

7位マネックス証券

※表を横スクロールすると全体を確認できます

都度プラン
の手数料
4位 ~5万 ~10万 ~20万 ~50万 ~100万 ~150万 合計
55円 99円 115円 275円 535円 640円 1719円
1日定額プラン
の手数料
8位 ~50万 ~100万 ~150万 ~200万 ~300万 合計
550円 550円 2750円 2750円 2750円 9350円

〇 都度プランの手数料は業界最安水準

2022年3月22日よりマネックス証券の都度プラン手数料が大幅値下げ。これにより都度プランの手数料は業界最安水準になりました

マネックス証券の無料口座開設はこちら!

8位松井証券

※表を横スクロールすると全体を確認できます

都度プラン
の手数料
~5万 ~10万 ~20万 ~50万 ~100万 ~150万 合計
1日定額プラン
の手数料
8位 ~50万 ~100万 ~150万 ~200万 ~300万 合計
0円 1100円 2200円 2200円 3300円 8800円

〇 1日50万円までの国内株取引が無料

松井証券の手数料プランは「1日定額プラン」のみ。1日50万円までの取引に手数料が掛かりません。少額の取引がメインになりそうな人ならコスト0円の範囲内で十分足りるでしょう。

〇 創業100年の歴史あるネット証券

松井証券は大正7年の創業。創業100年の歴史はここで紹介する10社中ナンバーワンです。もともとは対面証券でしたが、「これからはネットの時代」と1995年に方針転換しました。ちなみに、テレビでおなじみの株主優待名人・桐谷さんが30年愛用している会社としても有名です。

松井証券の無料口座開設はこちら!

9位DMM 株

※表を横スクロールすると全体を確認できます

都度プラン
の手数料
2位 ~5万 ~10万 ~20万 ~50万 ~100万 ~150万 合計
55円 88円 106円 198円 374円 440円 1261円
1日定額プラン
の手数料
~50万 ~100万 ~150万 ~200万 ~300万 合計

〇 都度プランの手数料は業界最安水準

DMM 株の手数料プランは「都度プラン」のみで、業界最安水準の手数料となっています。

〇 米国株の取引手数料は0円

DMM 株は米国株の取引も可能で、取引手数料は約定代金にかかわらず一律0円となっています。米国株の取引をお考えの人にもおすすめのネット証券です。

〇 株以外の取引はできない…

DMM 株では「投資信託」「債券」「FX」は取り扱いがありません。これらの取引をお考えの人には不向きです。

DMM 株の無料口座開設はこちら!

10位LINE証券

※表を横スクロールすると全体を確認できます

都度プラン
の手数料
4位 ~5万 ~10万 ~20万 ~50万 ~100万 ~150万 合計
55円 99円 115円 275円 535円 640円 1719円
1日定額プラン
の手数料
~50万 ~100万 ~150万 ~200万 ~300万 合計

〇 都度プランの手数料は業界最安水準

LINE証券の手数料プランは「都度プラン」のみで、業界最安水準の手数料となっています。

〇 新規口座開設+クイズに正解で最大3000円相当の株プレゼント

いまLINE証券では、新規口座開設+クイズに正解で最大3000円相当の株がタダで貰えるキャンペーンを実施しています。さらに1回1万円以上の株購入で現金1000円プレゼントも!大変お得なキャンペーンなので、LINE証券に口座開設をお考えの人はぜひご利用ください。

〇 外国株と債券の取引はできない…

LINE証券では国内株の他に「投資信託」「FX」などの取引が可能ですが、「外国株」「債券」は取り扱いがありません。これらの取引をお考えの人には不向きです。

LINE証券の無料口座開設はこちら!

証券口座は複数持ってもOK。証券口座の開設・利用は無料

証券口座は複数持ってもOK。証券口座の開設・利用は無料

証券会社の証券取引口座は、複数の会社に開設しても構いません。しかも、ネット証券の場合、証券口座の開設や利用に、お金はかかりません。

まずは、いくつかの会社に口座を開いてみて、投資情報ツールや取引画面(注文を出す画面)の使い勝手をチェックし、自分にとっての相性のいい証券会社を見つけるのもおすすめの方法です。実際に使ってみると、自分にとって書きやすいペンや履き心地のいい靴があるように、自分にとって「しっくりくる」証券会社があるでしょう。

あなたにとってベストな「パートナー」になる証券会社を見つけてくださいね。

このページをシェアする

pen

株式に関する記事

【2022年】株の取引手数料が安くて初心者にもおすすめのネット証券10選

2022.03.14

株式

株初心者が【岡三オンライン】を使うことのメリット・デメリット

2021.08.30

株式

投資初心者に松井証券はおすすめ?口座開設のメリットは?評判は?すべて解説

2021.03.25

株式

株でどれだけ儲けても一切税金がとられない「NISA」は絶対に使うべし

2018.11.22

株式

株初心者が気をつけるべき3つの注意点─損切り・集中投資・信用取引

2018.11.22

株式

株の利益にかかる税金と、勤め先の会社にバレない納税方法を教えます

2018.11.22

株式

株の初心者におすすめ!10万円以下で楽しめる株主優待制度を教えます

2018.11.15

株式

何がわかる?どう使う?「株価チャートの見方」を画像でやさしく解説

2018.11.15

株式

【画像で解説】スマホで簡単にできる!はじめての株の買い方・売り方

2018.11.15

株式

はじめて買う株の選び方─みんなが欲しがる成長株・割安株を探す方法

2018.10.25

株式

忙しい初心者でも大丈夫!株の長期保有でゆっくりお金持ちになる方法

2018.10.25

株式

いつ貰える?いくら貰える?株の配当金に関する初心者の「?」を解決

2018.10.25

株式

どう買う?いくら必要?取引時間は?初心者の為の株のやり方・始め方

2018.10.19

株式

初心者におすすめ証券会社5選!株やるなら手数料無料の口座を選ぼう

2018.10.19

株式

株とは?株取引で儲かるとはどういうこと?その仕組みをやさしく解説

2018.10.19

株式