株初心者が気をつけるべき3つの注意点─損切り・集中投資・信用取引

2018.11.22

株式

このページをシェアする

株初心者が気をつけるべき3つの注意点─損切り・集中投資・信用取引

これから株を始める初心者が、特に注意すべきポイントはなんでしょうか?

株式投資を始めるからには、やっぱり勝てる投資家を目指したいもの。そのためには、できるだけ失敗につながりそうな行動を取らないことが大切です。そこで今回は、株の初心者が気をつけるべき3つの注意点、「損切り」「集中投資」「信用取引」について解説します。

いざという時は「損切り」すべし

株式投資では、買う時よりも売る時のほうが、ずっと難しいと言われます。特に買った値段よりも株価が下がると、「せめて買値まで戻ってから売りたい」と考え、なかなか売ることができない人が多くいるようです。

理由はもちろん、誰もが損を受け入れたくないからです。値下がった株価で売却すると、その時点で損が確定します。でも、売らずに持ち続けている限りは、「いつかは買値まで戻るはず」「いつかは買値より値上がりするはず」といった可能性を残すことができます。この可能性が、売ること(損切り)を難しくさせるわけです。特に株で損を出すことに慣れていない初心者は、なおさら損切りできない傾向にあります。

しかし、損切りは悪いことではありません。大きな損をしないためには、むしろやったほうがいいでしょう。

いざという時は「損切り」すべし

投資の世界には「見切り千両、損切り万両」という格言があります。損失が小さいうちに見切りをつけることには千両の価値があり、損失を拡大させないために、ある程度の損を覚悟のうえ損切りすることは万両の価値があるという意味です。

また、ベテラン投資家たちは、「買値から5~10%下がったら損切り」などのルールを決めて、損切りを実行している人も多くいます

いざ損切りをするとなるとちょっと辛いものですが、致命傷を負わないためにはとても大切なこと。あなたも、いざという時はしっかり損切りできる投資家になってください。

「集中投資」はリスクが高すぎる

株で大きく儲けたいなら、銘柄を絞って投資する集中投資は効果的な方法です。2017年に最も値上がりした銘柄は「(株)北の達人コーポレーション」ですが、仮にあなたの資金全額をこの銘柄一本に集中させていれば、わずか1年で資金が約10倍に膨らんだことになります。

銘柄名 値上がり率
北の達人コーポレーション 1057%
アイケイ 757%
ペッパーフードサービス 742%
大興電子通信 643%
サイバーステップ 562%
五洋インテックス 545%
ディジタルメディアプロフェッショナル 534%
グレイステクノロジー 511%
ヤマシンフィルタ 503%
ラクオリア創薬 493%
銘柄名 値下がり率
ウェッジホールディングス -69.0%
昭和ホールディングス -60.6%
フライトホールディングス -58.6%
ティビィシィ・スキヤツト -57.9%
イノベーション -49.8%
バリューデザイン -49.3%
カルナバイオサイエンス -46.9%
ヨネックス -46.7%
クレアホールディングス -46.3%
AppBank -45.7%

たいへん夢のある話ですが、逆もまた然りです。仮にあなたの資金全額を値下がり率上位銘柄一本に集中させていれば、わずか1年で資金が半分になっていたことになります。集中投資の高リスクとは、つまりこういうことです。

したがって、集中投資は「本当にいい銘柄」を選ぶことができる中上級者にしかおすすめできません。

分散投資

投資の世界には「卵はひとつのカゴに盛るな」という格言があります。卵をひとつのカゴに盛ると、そのカゴを落とせば卵が全部割れてしまいます。しかし、複数のカゴに分けて盛れば、そのうちひとつのカゴを落としても、卵が全部ダメになることはありません。

以上のことから分かるように、初心者はまず、業種などが異なる複数の銘柄を買い、その業界全体が低迷しても損失を抑えることができる分散投資を第一に考えてください。もし、資金的に複数銘柄の株式を購入するのが厳しいのであれば、少額で分散投資が可能な「投資信託」を利用するのもひとつの方法です。

「信用取引」は借金して株を買うようなもの

株式投資で大きな利益を得たいなら、元手が多いに越したことはありません。とはいえ、「株式投資に多くのお金を使えない」人も少なくないはず。そんなとき便利なのが信用取引です。

信用取引は、お金や株を担保として預けることで証券会社からお金や株を借りて、自分が持っている資産以上の取引を行う方法です。言ってみれば、借金をして株を買うようなものです。

預けた資産の約3倍までお金や株を借りて取引できるので、成功すれば普通に株式を売買する(現物取引といいます)場合の3倍の利益を得られることになります。ということはつまり、失敗した場合の損失も3倍に膨らむことになるのです。

初心者は準備した資金内での投資をしよう

当然ハイリスクで、最悪の場合は元手以上に損をする可能性もあります。「株で失敗して借金を抱えた」という話を耳にしたことがあるかもしれませんが、多くの場合はこの信用取引が原因です。自分が用意した資金の範囲内で売買する現物取引なら、このような心配はありません。

株式投資を始めると、「もっと資金があれば……」と欲がでてしまうこともあると思います。ですが、そこはグッと堪えて、初心者のうちは自分の資金以上の取引をするのは止めておきましょう

まとめ

ここまで、株式投資をするうえで初心者に特に気をつけてほしい3つの注意点、「損切り」「集中投資」「信用取引」について解説してきました。

いずれも、この解説を読むまでもなく、頭ではわかっていることかもしれません。ですが、わかっていることや、簡単なことができなくなるのが株式投資です。「損を確定させたくない」「もっと早く儲けたい」といった感情が、理性を上回ってしまうことが往々にしてあります。

これから株式投資をはじめるあなたも、そのことを肝に銘じて取り組んでほしいと思います。そして、「あ、いま感情的になっているな」と感じた時には、この記事を思い出して、ちょっとだけ冷静になってくださいね。

このページをシェアする

qa

株式に関するQ&A

そもそも株とはなんですか?株取引で儲かるとはどういう仕組みなんでしょうか?

株式

株を始めたいのですが超初心者で何から手をつけていいやら…。やり方を教えてください!

株式

株をはじめたいのですが、証券会社は何を比較して選ぶべきですか?おすすめの証券会社を教えて!

株式

どの株を買ってよいか悩みます。みなさんどう選んでいるのでしょう?おすすめの銘柄の選び方はありますか?

株式

日中は仕事で株の分析や売買する時間がとれません。こんな私にもできますか?

株式

株を買えば必ず配当金はもらえるのでしょうか?いつもらえますか?いくらもらえますか?

株式

株主優待を楽しむ程度に株をやりたいです。10万円で買える中からおすすめの株主優待を教えて!

株式

株価チャートの見方を教えてください。また、みなさんがどう使っているか教えてください。

株式

株の売買はスマホで簡単にできると聞きました。具体的に買い方と売り方を教えてください。

株式

株をやっていることを会社に知られたくないです。利益がでた場合、年末調整や確定申告でバレませんか?

株式

株式投資をするならNISAがお得と聞きました。そもそもNISAとは何ですか?何がお得なんですか?

株式

これから株を始める初心者が、特に注意すべきポイントはなんでしょうか?

株式