松井証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.05.06更新
(2021.03.25公開)

証券会社

このページをシェアする

松井証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

※掲載内容を最新情報にアップデートしました(2021/5/6)

証券口座をどこで作るかで悩んでいる人の中には、「松井証券」を候補にしている人も多いでしょう。そこで本記事では「松井証券」でできること、できないこと、「松井証券」で口座開設するメリット等、詳細情報をまとめました。

松井証券でできること

松井証券でできることは以下の通りです。詳しく見ていきましょう。

国内株(現物取引)

松井証券では国内株の現物取引を行うことができます。手数料は以下の通りです。なお、松井証券には1回の取引ごとに手数料がかかるプランはありません。

1日の取引金額
~50万円 ~100万円 ~200万円 以降100万円増えるごとに+1100円(上限11万円)
0円 1100円 2200円

「1日定額プラン」の手数料では最安水準

1日の取引額が50万円以下なら手数料0円と、「1日定額プラン」での手数料は他の証券会社と比較して十分最安水準です。また、多くの証券会社では手数料の上限がありませんが、松井証券では上限が設定されており、どんなに取引しても上限(11万円)以上かかることはありません。

「1日定額プラン」の手数料では最安水準

25歳以下なら手数料0円

25歳以下の方(未成年含む)なら、どれだけ取引しても国内株の現物取引手数料は完全無料です。

25歳以下なら手数料0円

国内株(信用取引)

松井証券では国内株の信用取引を行うことができます。手数料・金利・貸株料は以下の通りです。なお、松井証券の一般信用取引は、返済期限が原則無期限の「無期限」と、売建のみで返済期限14日の「短期」、当日返済の「一日信用取引」の3種類あります。

制度信用取引・一般信用取引「無期限」「短期」
手数料
1日の取引金額
~50万円 ~100万円 ~200万円 以降100万円増えるごとに+1100円(上限11万円)
0円 1100円 2200円
買方金利/貸株料
制度信用取引 一般信用取引
「無期限」
一般信用取引
「短期」
(買)年3.1%
(売)年1.15%
(買)年4.1%
(売)年2.0%
(買) ─
(売)年3.9%
一般信用取引「一日信用取引」
手数料
0円
買方金利/貸株料
一般信用取引「一日信用取引」
100万円未満 100万円以上
(買)年1.8%
(売)年1.8%
(買)年0.0%
(売)年0.0%

「1日定額プラン」の手数料では最安水準

1日の取引額が50万円以下なら手数料0円と、「1日定額プラン」での手数料は他の証券会社と比較して十分最安水準です。また、多くの証券会社では手数料の上限がありませんが、松井証券では上限が設定されており、どんなに取引しても上限(11万円)以上かかることはありません。

「1日定額プラン」の手数料では最安水準

一般信用取引「一日信用取引」なら手数料0円

日計り取引専用の「一日信用取引」なら手数料0円で買建売建どちらの取引も行えます。1約定100万円以上なら、買方金利・貸株料も0%と大変お得です。

一般信用取引「一日信用取引」なら手数料0円

25歳以下なら手数料0円

25歳以下の方(20~25歳、未成年は信用取引不可)なら、制度信用・一般信用(無期限/短期)の手数料が取引額に関わらず0円です。買方金利・貸株料のみのコストでお得に取引きすることができます。

25歳以下なら手数料0円

国内ETF/ETN/REIT

松井証券では国内ETF/ETN/REITの取引ができます。現物取引・信用取引どちらも可能です。手数料等は国内株取引と同じです。

現物取引手数料

1日の取引金額
~50万円 ~100万円 ~200万円 以降100万円増えるごとに+1100円(上限11万円)
0円 1100円 2200円

信用取引手数料

制度信用取引・一般信用取引「無期限」「短期」
手数料
1日の取引金額
~50万円 ~100万円 ~200万円 以降100万円増えるごとに+1100円(上限11万円)
0円 1100円 2200円
買方金利/貸株料
制度信用取引 一般信用取引
「無期限」
一般信用取引
「短期」
(買)年3.1%
(売)年1.15%
(買)年4.1%
(売)年2.0%
(買) ─
(売)年3.9%
一般信用取引「一日信用取引」
手数料
0円
買方金利/貸株料
一般信用取引「一日信用取引」
100万円未満 100万円以上
(買)年1.8%
(売)年1.8%
(買)年0.0%
(売)年0.0%

国内ETF/ETN/REITの取引手数料が安い

現物取引・信用取引とも1日の取引額50万円まで手数料0円で行うことができます。

現物取引・信用取引とも1日の取引額50万円まで手数料0円

25歳以下なら手数料0円

現物取引の場合、25歳以下(未成年含む)の方、信用取引の場合、20~25歳(未成年は信用取引不可)の方なら取引額に関わらず手数料0円と大変お得です。

25歳以下なら手数料0円

夜間取引/PTS取引

松井証券では夜間取引/PTS取引を行うことができます。現物取引・信用取引どちらも可能です(信用取引は9:00~11:30、12:30~15:00のみ可)。

出社前、昼休み、帰宅後夜遅くまで取引ができる

取引可能な時間は8:20~15:30、17:30~23:59。市場が閉じている時間も取引きできるので、出社前、昼休み、帰宅後も夜遅くまで取引することができます

出社前、昼休み、帰宅後夜遅くまで取引ができる

追加コストは一切不要

夜間取引/PTS取引に追加コストはかかりません。通常の現物取引・信用取引手数料のみで取引することができます。

夜間取引/PTS取引に追加コストは一切不要

貸株サービス

松井証券は貸株サービスに対応しています。

保有株を貸し出すことで金利がもらえる

貸株サービスを使って保有株を松井証券に貸し出すと、銘柄ごとに設定された金利(0.2%~4.0%)がもらえます。長期保有中の株で効率よく収入を得ることができます。

保有株を松井証券に貸し出すことで金利がもらえる

信用取引の担保にしながら貸株することもできる

松井証券なら代用有価証券として信用取引の担保にしている株を貸し出して、貸株金利をもらうこともできます。

新規公開株式(IPO)/公募増資・売出(PO)

松井証券は新規公開株式(IPO)/公募増資・売出(PO)に対応しています。

2020年の新規公開株式(IPO)取扱数は18銘柄

新規公開株式(IPO)は銘柄ごとに取扱のある証券会社でないと買うことができません。松井証券の2020年IPO取扱数は18銘柄。まずまず取り扱いがあるので、IPO狙いなら押さえておきたい証券会社です。

松井証券のIPOはまずまずの取り扱いがある

平等抽選で誰にでも当選チャンスがある

証券会社によっては資金力のある人が有利になる抽選方式をとっているところもありますが、松井証券は完全平等抽選です。よって誰でも平等に当選チャンスがあります

完全平等抽選なので誰でも平等に当選チャンスがある

投資信託

松井証券では投資信託の取引を行うことができます。

すべての銘柄が購入手数料無料(ノーロード)

松井証券で買える投資信託は約1400本の多彩な品ぞろえ。しかもすべての銘柄の購入手数料が無料(ノーロード)なので、お得に投資信託を購入することができます。

すべての銘柄が購入手数料無料(ノーロード)

投資信託保有で毎月現金還元サービスあり

投資信託を保有している間、その保有残高に応じて毎月現金を還元してくれるサービスがあります。還元対象銘柄は約1000本で、銘柄により年率最大0.7%の現金がもらえます。

投資信託の保有残高に応じて毎月現金を還元してくれるサービスがある

ポイント投資

松井証券ではクレジットカード「MATSUI SECURITIES CARD」の利用などで貯まる「松井証券ポイント」を使ってポイント投資を行うことができます。

松井証券ポイントで投資信託に積立投資できる

松井証券ポイントを利用して、投資信託に毎月自動で積立投資することができます(1pt=1円、100pt~)。投資信託は次の3銘柄からお選びいただけます。

  • ひふみプラス
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

ロボアドバイザー

松井証券では無料でロボアドバイザー(投信工房)を利用することができます。

あなたに最適な投資信託を提案してくれる

松井証券の無料ロボアドバイザー(投信工房)は、簡単な8つの質問に答えるだけで、あなたに最適なポートフォリオ(投資信託銘柄、配分比率)を提案してくれます。投資金額を入力すると、自動で一括購入(または積立設定)までしてくれる優れものです。

無料ロボアドバイザー(投信工房)はあなたに最適な投資信託を提案してくれる

iDeCo(イデコ)

松井証券はiDeCo(イデコ)にも対応しています。

毎月の口座管理手数料が業界最安

松井証券のiDeCoは業界最安の口座管理手数料(171円)で利用することができます。

毎月の口座管理手数料が業界最安

商品ラインナップが優秀

松井証券のiDeCoは、1本で全世界の株式に投資できるタイプや、8資産(国内株式・先進国株式・新興国株式・国内債券・先進国債券・新興国債券・国内リート・先進国リート)に均等投資できるバランスタイプなど、分散投資に便利な商品が揃っています。また、eMAXIS Slimシリーズを中心にコスト(信託報酬)が安い商品が多い点も好感がもてます。

eMAXIS Slimシリーズを中心にコスト(信託報酬)が安い商品が多い

一般NISA

松井証券は一般NISAにも対応しています。

一般NISA口座での株式取引は売買手数料0円!

松井証券なら一般NISA口座内での株式売買手数料が0円なので大変お得です。

一般NISA口座での株式取引は売買手数料が0円

つみたてNISA

松井証券はつみたてNISAにも対応しています。

業界トップクラスの取扱銘柄ラインナップ

松井証券のつみたてNISA商品ラインナップは業界トップクラスの約160本。つみたてNISA対象銘柄のほとんどを取り扱っているので、選択肢が多く銘柄選びで損することはありません。

松井証券のつみたてNISA商品ラインナップは業界トップクラス

毎月100円から積立できるから初心者にもおすすめ!

松井証券のつみたてNISAは毎月100円から積立できるので、少額から試してみたいという投資初心者の方にもおすすめです。

毎月100円から積立できる

投資信託保有で毎月現金還元サービスあり

投資信託を保有している間、その保有残高に応じて毎月現金を還元してくれるサービスがあります。もちろん、つみたてNISA口座での保有も対象です。

投資信託の保有残高に応じて毎月現金を還元してくれるサービスがある

ジュニアNISA

松井証券はジュニアNISAにも対応しています。

ジュニアNISA口座での株式取引は売買手数料0円!

松井証券ならジュニアNISA口座内での株式売買手数料が0円なので大変お得です。

ジュニアNISA口座での株式取引は売買手数料0円

先物取引/オプション取引

松井証券では先物取引・オプション取引ができます。

指数先物の取り扱いが充実&手数料も最安水準

人気の「日経225先物」を筆頭に、「NYダウ先物」「マザーズ指数先物」など、指数先物の取り扱いが充実しています。いずれも手数料は業界最安水準です。

先物取引/オプション取引の商品&手数料
商品 手数料
日経225先物 220円/1枚
TOPIX先物 330円/1枚
NYダウ先物
日経225mini 38.5円/1枚
ミニTOPIX先物 44円/1枚
マザーズ指数先物
JPX 400先物
日経225オプション 約定代金×0.22%(最低手数料220円)

デイトレードなら「一日先物取引」がお得

松井証券独自のサービスとして、「一日先物取引」があります。これは、同一セッション内の返済を条件に、①通常の半分の証拠金で取引OK、②手数料がさらにお得になるというもの。通常より高いレバレッジを低コストで回すことができるので、デイトレードメインの方に大変人気のサービスです。

「一日先物取引」の商品&手数料
商品 手数料
先物取引
(通常)
一日先物取引
日経225先物 220円/1枚 165円/1枚
TOPIX先物 330円/1枚 275円/1枚
NYダウ先物 取扱なし
日経225mini 38.5円/1枚 27.5円/1枚
ミニTOPIX先物 44円/1枚
マザーズ指数先物
JPX 400先物

保有中の「国内株式」を先物・オプションの証拠金に使える

保有中の「国内株式」の評価額70%分を証拠金として使うことができます(NISA口座で保有するものは不可)。国内株式を先物・オプションの証拠金に使えるのは、大手ネット証券の中でも松井証券とauカブコム証券だけです。

FX

松井証券ではFX取引ができます。

最低取引単位1通貨なので少額で取引できる

最低取引単位1,000通貨・10,000通貨と設定しているところが多い中、松井証券は1通貨から取引OK。まずは少額から試してみたい、という人にはピッタリです。

最低取引単位1通貨

豊富な通貨ペア&取引コストが安い

松井証券のFXは全20通貨ペアを取り扱っています。取引手数料が完全無料で、主要な通貨ペアのスプレッドも業界トップクラスです。

  取引単位(1通貨)
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
英ポンド/円 1.1銭
豪ドル/円 0.7銭

松井証券でできないこと

松井証券では以下の金融商品・取引は取り扱いがありません。これらの金融商品・取引をご希望の方は、取り扱いのある他の証券会社にも口座を持った方がよいでしょう。

取り扱いのない金融商品・取引

  • 外国株式/海外ETF
  • 国内債券/外国債券
  • 単元未満株取引(売却のみ可)
  • ファンドラップ
  • 金/銀/プラチナ
  • バイナリーオプション
  • CFD
  • eワラント
  • 暗号資産(仮想通貨)

松井証券で口座開設するメリット

ここまで松井証券でできること・できないことを解説しました。おしまいに松井証券で口座開設することのメリットをまとめます。

松井証券で口座開設するメリット

  • 口座開設・維持のコストは一切不要
  • 国内株/ETF/ETN/REITの売買手数料が業界最安レベル(現物取引・信用取引とも)
  • 25歳以下(未成年含む)なら現物取引の国内株/ETF/ETN/REITの売買手数料が無料
  • 20~25歳なら信用取引の国内株/ETF/ETN/REITの売買手数料が無料
  • 夜間取引/PTS取引が可能なので、出社前、昼休み、帰宅後も夜遅くまで取引可能
  • 貸株サービスあり(信用取引の余力に活用しながら貸株も可)
  • IPO抽選方式が完全平等抽選(資金力による有利不利なし)
  • 投資信託の残高に応じた現金還元サービスあり(一般NISA・つみたてNISA・ジュニアNISAでの保有も対象)
  • 松井証券ポイントを使って投信積立が可能(3銘柄から選択)
  • iDeCo(イデコ)の口座管理手数料が業界最安(171円)
  • 一般NISA口座の国内株売買手数料0円
  • つみたてNISAの取扱銘柄数は業界トップクラスの約160本
  • ジュニアNISA口座の国内株式売買手数料0円
  • 「一日先物取引」なら通常の半分の証拠金&低コストの取引が可能
  • 保有中の「国内株式」を先物・オプション取引の証拠金に使える
  • FXの最低通貨単位が1通貨なので少額から取引できる

ごらんの通り、松井証券で口座を開設することはメリットが多いです。それでいて口座開設・維持に一切コストはかからないので(iDeCo口座は別)、投資に興味を持ち始めた人が最初に作る口座としておすすめできます。

取引ツールの使いやすさや、提供される投資情報などが気になる方もいると思いますが、これらは「相性」がモノを言う部分です。前述のとおり、松井証券は口座を開設・維持しているだけならコストはかからないので、まずは実際に口座開設してみて、ご自身で触れてみることをおすすめします。

松井証券の詳細はこちら!

このページをシェアする

pen

証券会社に関する記事

PayPay証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.03.29

証券会社

マネックス証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.03.26

証券会社

松井証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.03.25

証券会社

SMBC日興証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.03.19

証券会社

SBI証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.03.02

証券会社

auカブコム証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.02.12

証券会社

SBIネオモバイル証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.02.04

証券会社

CONNECT(コネクト)でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.01.25

証券会社

LINE証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.01.20

証券会社

楽天証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2020.12.23

証券会社

プロが検証!無料ライフプランシミュレーション「松井FP」は使えるか?

2019.10.03

証券会社