初心者におすすめ証券会社10選│株やるなら手数料比較して口座を選ぼう

2020.11.24更新
(2018.10.19公開)

株式

このページをシェアする

初心者におすすめ証券会社10選│株やるなら手数料比較して口座を選ぼう

株をはじめたいのですが、証券会社は何を比較して選ぶべきですか?おすすめの証券会社を教えて!

※掲載内容を最新情報にアップデートしました(2020/11/24)

自分にピッタリの証券会社を選ぶことは、案外難しいことです。特に初心者の方ならなおさらでしょう。でも、ご安心ください。ここでは株初心者の方のために、「証券口座の比較ポイント」や「おすすめ証券会社」について、わかりやすく解説します。

証券会社選びで大事なのは、株売買手数料の安さ

証券会社を選ぶうえで最も大事なことは、株売買手数料の安さです。というのも、株は買う時も売る時も手数料がかかり、その手数料は証券会社によって異なるからです。

仮に、10万円分の株を買って、11万円になった時に売ったとしましょう。差額の1万円が利益になりますが、この時の売買手数料がA証券は100円、B証券は1000円だったとすると、実際手にできる利益は以下のとおりです。

A証券
1万円-買手数料100円-売手数料100円=9800円
B証券
1万円-買手数料1000円-売手数料1000円=8000円

同じ取引にもかかわらず、手数料の違いで約20%も利益に差がでちゃいました。

ベテランの投資家たちは、この手数料の差にとてもシビアです。なぜなら、買った株が上がるか下がるかは自分でコントロールできないけど、コスト(手数料)はコントロールできるから。これから株を始めるあなたにも、余計なコストは使ってほしくありません。ということで、証券会社を選ぶ際は、手数料が安い会社を選ぶことをおすすめします。

手数料の安さなら、ネット証券会社がおすすめ

証券会社には、店舗を構えて対面で取引をする会社(総合証券)と、店舗を持たないオンライン取引専業のインターネット専業証券(ネット証券)があります。はたして、手数料が安いのは、総合証券とネット証券のどちらでしょうか?

総合証券は、顧客一人ひとりに担当者がつき、窓口や電話で話をしながら注文を出してくれたり、アドバイスをしてくれたりします。サポートが充実しているものの、その分、手数料は高くなります。なかには口座管理料がかかるところもあります。

一方、ネット証券は、PCやスマホで注文を出せば取引が完結します。店舗や担当者を抱える必要がない分、手数料も安いのが大きな特徴です。下の比較表をみると、その差は歴然ですね。

主な総合証券とネット証券の手数料比較

総合証券

証券会社名 1回の取引額が
~5万円 ~10万円 ~20万円 ~50万円
野村證券 2,860円 約定代金の1.430%
大和証券 最低手数料2,750円(約定代金の1.265%)

ネット証券

証券会社名 1回の取引額が
~5万円 ~10万円 ~20万円 ~50万円
SBI証券 55円 99円 115円 275円
ライブスター証券 55円 88円 106円 198円

※2020年11月24日時点

※国内現物株 1回の取引ごとの手数料、税込の金額

※野村證券は窓口(基本)の手数料

※大和証券はダイワ・コンサルティングコース窓口の手数料

株投資の初心者は、ネット証券の存在を知らないこともあって、利用に不安を感じるかもしれません。ですが、ネット証券大手のSBI証券は、ネットによる取引に抵抗のない若年層を中心に、すでに595万人(2020年9月末)が利用しています。

株取引の世界では、ネットでの取引が既にスタンダードになっています。ネット証券各社もセキュリティの不安を解消する対策を行っているので、初心者の方もご安心ください。

株は証券会社で購入します

株を購入するには、証券会社で口座を開設する必要があります。初めての人は不安に感じるかもしれませんが、今やネットで簡単に申し込めますし、楽天証券のようにお手持ちのポイントで手軽に株を購入できる証券会社もあるので、安心ですよ。

例)楽天証券の場合

  • 口座開設はいつでもどこでもネットで簡単にできる
  • お手持ちの「楽天ポイント」を使って株が買える
  • 1日50万円の取引まで株購入にかかる手数料が無料
楽天証券の詳細はこちら!

ネット証券の手数料を比較!株初心者におすすめの証券会社は?

ここからは、主要なネット証券10社の手数料を比較してご紹介します。まず覚えておきたいのが、株取引の手数料には「都度プラン」と「1日定額プラン」があって、利用者が好きな方を選べるということ。

「都度プラン」とは、1回取引するたびに手数料がかかるスタンダードなプランで、取引額に応じて手数料が設定されています。「1日定額プラン」とは、1日の取引の合計金額に対して手数料がかかるプランです。さっそく、それぞれのプランごとに実際の手数料を比較してみましょう。

ネット証券10社の都度プランの手数料比較

買い手数料

表を横スクロールすると全体を確認できます。

証券会社名 1回の取引額が
~5万円 ~10万円 ~20万円 ~30万円 ~40万円 ~50万円 ~100万円
auカブコム証券 99円 99円 198円 275円 275円 275円 594~
1,089円
SBI証券 55円 99円 115円 275円 275円 275円 535円
岡三オンライン証券 108円 108円 220円 385円 385円 385円 660円
GMOクリック証券 96円 96円 107円 265円 265円 265円 479円
DMM 株 55円 88円 106円 198円 198円 198円 374円
松井証券
マネックス証券 110円 110円 198円 275円 385円 495円 550~
1,650円
ライブスター証券 55円 88円 106円 198円 198円 198円 374円
LINE証券 0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円
楽天証券 55円 99円 115円 275円 275円 275円 535円

※手数料は税込の金額、2020年11月24日時点

売り手数料

表を横スクロールすると全体を確認できます。

証券会社名 1回の取引額が
~5万円 ~10万円 ~20万円 ~30万円 ~40万円 ~50万円 ~100万円
auカブコム証券 99円 99円 198円 275円 275円 275円 594~
1,089円
SBI証券 55円 99円 115円 275円 275円 275円 535円
岡三オンライン証券 108円 108円 220円 385円 385円 385円 660円
GMOクリック証券 96円 96円 107円 265円 265円 265円 479円
DMM 株 55円 88円 106円 198円 198円 198円 374円
松井証券
マネックス証券 110円 110円 198円 275円 385円 495円 550~
1,650円
ライブスター証券 55円 88円 106円 198円 198円 198円 374円
LINE証券 99円 176円 198円 484円 484円 484円 869円
楽天証券 55円 99円 115円 275円 275円 275円 535円

※手数料は税込の金額、2020年11月24日時点

ネット証券10社の1日定額プランの手数料比較

表を横スクロールすると全体を確認できます。

証券会社名 1日の取引合計額が
~5万円 ~10万円 ~20万円 ~30万円 ~40万円 ~50万円 ~100万円
auカブコム証券
SBI証券 0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円
岡三オンライン証券 0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円
GMOクリック証券 234円 234円 234円 305円 438円 438円 876円
DMM 株
松井証券 0円 0円 0円 0円 0円 0円 1,100円
マネックス証券 550円 550円 550円 550円 550円 550円 550円
ライブスター証券 440円 440円 440円 440円 440円 440円 660円
LINE証券
楽天証券 0円 0円 0円 0円 0円 0円 943円

※手数料は税込の金額、2020年11月24日時点

ご覧のとおり、各社特徴を打ち出した手数料設定になっています。

都度プランをご希望の場合、売買トータルで考えると1回20万円までならLINE証券、それ以上ならDMM 株ライブスター証券の手数料が最安になっています。逆に1日定額プランをご希望であれば、SBI証券岡三オンライン証券の「1日100万円の売買まで無料」が群を抜いてお得です。

自分がどのような取引をするか明確なイメージがあれば、それに合わせて証券会社を選ぶことをおすすめします。しかし、初心者の方はなかなかイメージできないですよね? そんなときは、どのプランを選んでも平均して安い、SBI証券あたりを選んでおくと安心だと思います。

なお、SBI証券楽天証券松井証券岡三オンライン証券の4口座を開設すれば、あわせて1日最大300万円までの取引が手数料無料で可能になります(いずれも口座維持費は無料です)。

「投資情報サービス」と「取扱商品」も比較するとなお良し

ここまで、証券会社の手数料について解説してきました。最後にもうひとつ付け加えると、手数料の比較に加えて、投資情報サービスと取扱商品を比較するとなお良いでしょう。

なぜなら、株式投資では情報の収集と分析が不可欠だからです。そのため、口座を開くと無料で利用できる投資情報サービスが充実していることも大切なポイントとなります。マネックス証券の「銘柄スカウター」などは、情報量と使いやすさの面から人気が高いですね。

また、今の段階では国内株にしか興味がなくても、将来的には「外国株」や「投資信託」「債券」「FX(外国為替証拠金取引)」などに興味がでてくる可能性もあります。

主なネット証券が、国内株以外に取り扱っている主な商品を比較しました。証券会社選びの参考にしてください。

ネット証券10社の取扱商品の比較(国内株以外)

証券会社名 投資信託 外国株 債券 FX
auカブコム証券
SBI証券
岡三オンライン証券
GMOクリック証券
DMM 株
松井証券
マネックス証券
ライブスター証券
LINE証券
楽天証券

※2020年11月24日時点

証券口座は複数持ってもOK。証券口座の開設・利用は無料

証券口座は複数持ってもOK。証券口座の開設・利用は無料

証券会社の証券取引口座は、複数の会社に開設しても構いません。しかも、ネット証券の場合、証券口座の開設や利用に、お金はかかりません。

まずは、いくつかの会社に口座を開いてみて、投資情報ツールや取引画面(注文を出す画面)の使い勝手をチェックし、自分にとっての相性のいい証券会社を見つけるのもおすすめの方法です。実際に使ってみると、自分にとって書きやすいペンや履き心地のいい靴があるように、自分にとって「しっくりくる」証券会社があるでしょう。

あなたにとってベストな「パートナー」になる証券会社を見つけてくださいね。

今回、回答いただいたのは
マネーライター・大山弘子さん

大山弘子さん

ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士

大手旅行代理店勤務後、ソニー創業者の井深大氏が設立した財団法人幼児開発協会での研究企画などの業務に従事。その後、教育専門誌編集記者を経てフリーに。現在、ビジネス誌、マネー誌などで経済、マネー、人材の評価・育成に関する記事を中心に執筆。得意分野は新興国の経済および金融。

このページをシェアする

qa

株式に関するQ&A

そもそも株とはなんですか?株取引で儲かるとはどういう仕組みなんでしょうか?

株式

株を始めたいのですが超初心者で何から手をつけていいやら…。やり方を教えてください!

株式

株をはじめたいのですが、証券会社は何を比較して選ぶべきですか?おすすめの証券会社を教えて!

株式

どの株を買ってよいか悩みます。みなさんどう選んでいるのでしょう?おすすめの銘柄の選び方はありますか?

株式

日中は仕事で株の分析や売買する時間がとれません。こんな私にもできますか?

株式

株を買えば必ず配当金はもらえるのでしょうか?いつもらえますか?いくらもらえますか?

株式

株主優待を楽しむ程度に株をやりたいです。10万円で買える中からおすすめの株主優待を教えて!

株式

株価チャートの見方を教えてください。また、みなさんがどう使っているか教えてください。

株式

株の売買はスマホで簡単にできると聞きました。具体的に買い方と売り方を教えてください。

株式

株をやっていることを会社に知られたくないです。利益がでた場合、年末調整や確定申告でバレませんか?

株式

株式投資をするならNISAがお得と聞きました。そもそもNISAとは何ですか?何がお得なんですか?

株式

これから株を始める初心者が、特に注意すべきポイントはなんでしょうか?

株式