どこがお得?おすすめは?つみたてNISA(積立NISA)口座を比較しよう

2017.12.28

つみたてNISA(積立NISA)

このページをシェアする

どこがお得?おすすめは?つみたてNISA(積立NISA)口座を比較しよう

つみたてNISA(積立NISA)口座は何を比較して決めるべきですか? おすすめの金融機関は?

つみたてNISA口座は、原則1人1口座しか開設できず、非課税期間は20年と長いため、必然と長期間の付き合いとなります。金融機関選びは非常に重要です。

ここでは、自分に合った金融機関を選ぶための4つの比較ポイントを丁寧に解説します。あなたにとっての「おすすめ金融機関」を一緒に探していきましょう。

比較①つみたてNISAは商品ラインアップが充実している口座がおすすめ

つみたてNISAは商品ラインアップが充実している口座がおすすめ

つみたてNISA(積立NISA)で投資できる投資信託は132本(2017年12月18日時点)ありますが、その中からどれをラインアップするかは各金融機関が決めます。

つまり、「どの金融機関でも同じ商品に投資できる」というわけではありません。つみたてNISA口座を開設した後で、「自分が求めていた商品がなかった……」とならないよう、あらかじめ確認する必要があります。

例えば、新興国株式に投資する投資信託を選びたいのに、ある金融機関では取り扱いがない……ということも。なので、豊富に商品がラインアップされている金融機関を選んでおくと、選択肢も広がり選びやすくなるでしょう。

金融機関別の取り扱い商品を詳しく知りたい方は、つみたてNISA(積立NISA)ナビの「金融機関の商品内容比較」がおすすめです。選べる商品数や商品名が一覧表示されていますので、比較検討に役立ちますよ。

取り扱い商品が多い主な金融機関(2017年12月18日時点)

比較②つみたてNISAは「最低購入金額」「積立頻度」が自分に合う口座がおすすめ

つみたてNISAは「最低購入金額」「積立頻度」が自分に合う口座がおすすめ

「最低購入金額」と「積立頻度の選択肢」も、各金融機関によって異なりますので、事前に比較したいポイントです。

まず最低購入金額ですが、SBI証券、楽天証券、マネックス証券などのネット証券は、月額100円からスタートできます。資金に余裕のない方や、投資自体が初めてで大きな金額はちょっと……という方にとってはありがたいですね。最低購入金額は月額1000円からとなっている金融機関が多いのですが、中には月額5000円からとなっている金融機関もありますので、必ず確認しておきましょう。

積立頻度ですが、つみたてNISAでは「毎日」「毎週」「毎月」「隔月」「半年に1回」の定期的な積立が認められています。どの金融機関でも「毎月」の積立はできますが、「毎日」や「毎週」の積立投資を行いたい方は、SBI証券や松井証券などのネット証券を選ぶとよいでしょう。金融機関によって、選べる積立頻度が異なりますので、こちらもしっかり比較しておきましょう。

比較③つみたてNISAはサポート体制が充実している口座がおすすめ

つみたてNISAはサポート体制が充実している口座がおすすめ

つみたてNISA(積立NISA)口座開設後のサポートサービスが充実しているかも、比較ポイントの一つです。

つみたてNISAの運用を開始すると、途中でわからないことが出てくるかもしれません。WEBサイト上の「解説記事・動画」「よくあるQ&A」が分かりやすいか? コールセンターに問い合わせた時に親切に対応してくれるか? など、事前に確認しておくとよいでしょう。

また、コールセンターだけでなく、対面で質問・相談できる窓口があるかどうかで金融機関を選ぶのもよい方法です。メガバンクやゆうちょ銀行(郵便局)、証券会社などの窓口では、つみたてNISA以外でもお金に関する相談に乗ってくれます。さらに、営業時間中に窓口に来られない人向けに、平日夜間や休日にセミナーや相談会を開催しているところもあります。イオン銀行は、365日年中無休で夜9時まで窓口で相談できるので、忙しいビジネスパーソンや主婦の方に便利かもしれません。

比較④つみたてNISAはお得なキャンペーンがある口座がおすすめ

つみたてNISAはお得なキャンペーンがある口座がおすすめ

ここまでの比較ポイントで、甲乙つけ難い金融機関が複数あるのであれば、最後はちょっとしたお得感で決めるのも手です。

金融機関によっては、つみたてNISA口座を開設すると、キャッシュバックがあったり、プレゼントがもらえたりといったお得なキャンペーンがあります。せっかく始めるのであれば、キャンペーンを上手に利用してお得に始めた方がよいでしょう。

つみたてNISA(積立NISA)ナビの「金融機関のキャンペーン比較」では、開催中のキャンペーン情報が一覧できますので、比較検討に役立ちます。

以上、4つの比較ポイントをお伝えしました。紹介した比較ポイントを参考に、自分のニーズや好みに合ったつみたてNISA(積立NISA)口座を選ぶのがベストです。

このページをシェアする

qa

つみたてNISA(積立NISA)に関するQ&A