個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の加入前に知っておきたい6つのこと

  • たあんとnet編集部
  • 投資未経験者
個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の加入前に知っておきたい6つのこと

2017年1月から、個人型確定拠出年金「愛称:iDeCo(イデコ)」に20~60歳のほぼ全員が加入できるようになります。iDeCoへの加入を検討する際に知っておきたいポイントをQ&A形式で分かりやすくまとめました。


質問

「iDeCo(イデコ)」は誰でも使える?

回答

2017年1月からほぼすべての国民年金加入者が使える

2017年1月から対象が新たに公務員、専業主婦、企業年金制度がある会社員などに広がり、国民年金加入者はほぼ全員がiDeCoに加入できるようになる。拠出限度額は年14万~27万円台とまちまち。自分がいくらまで利用できるのかは、「iDeCo加入資格チェックシート」で確認を


質問

「iDeCo(イデコ)」のメリットは?

回答

①掛け金支払い時
②運用中
③受け取り時に税金軽減を受けられる

iDeCoの税制上のメリットは、すでに紹介した企業型確定拠出年金とほぼ同じ。ただし、支払い時の所得控除の軽減は原則確定申告することで受けられる。受け取り時は、自営業や専業主婦であっても退職所得控除の恩恵を受けられるのも大きい。


質問

毎月の掛け金の下限額はある?

回答

最低月5000円が必要

会社員、自営業者などの属性によって年間の利用上限額が決まっているiDeCoだが、実は下限額もある。最低月5000円で金額は年1回変更可能。休止もできる。

対象が新たに公務員、専業主婦、企業年金制度がある会社員などに広がる

質問

「iDeCo(イデコ)」の運用対象は?

回答

預貯金と投資信託

iDeCoで利用できる商品は元本確保型の商品(定期預金や保険商品など)と投資信託。個別株やETFなどはiDeCoでの運用対象外だ。運用商品は1本でも複数でも可能。運用商品の変更もできる。

預貯金と投資信託


質問

「iDeCo(イデコ)」はどこで加入できる?

回答

銀行、証券会社、保険会社で加入できる

iDeCoに加入しようと思ったら、まず金融機関(運営管理機関)を決めなければならない。申し込みができるのは、銀行、証券会社、保険会社など。ただし、運用中に付き合える機関は1つだけなので比較して慎重に選ぼう。

銀行、信託銀行、証券会社、保険会社


質問

資産は何歳から受け取れる?

回答

原則、60歳以降の受け取りとなる

受け取りは60歳以降(加入期間10年以上)。ただし、開始の時期は70歳までの間で選べる。60歳以降は新規の掛け金は入れられないが、運用は続けられるのだ。

あなたは税金のお得制度を活用できている? お金美人&イケメンVSお金オンチ

記事を読む

どんなお金が税金軽減される? 企業型確定拠出年金(DC)のメリットを大解剖

記事を読む

2017年1月 加入対象が拡大 誰もが利用可能に! iDeCo (個人型DC)

記事を読む

「iDeCo」早わかりQ&A

記事を読む

非課税制度をダブルで使う! あなたもこれでスーパーお金美人

記事を読む

NISA(少額投資非課税制度)使いこなし術

記事を読む

このページをシェアする

あわせて読みたい記事

迷うあなたはまずここから!ポートスターがサポートします!

大切なことは2つ!大きく負けない分散投資を目指す 投資のソムリエDC

iDeCoの商品選びに悩んだらニッセイアセットマネジメントの魅力的な商品ラインナップに注目!

動画で分かる個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)