初心者におすすめの積立NISA口座6選!商品選びで損しない証券会社を選ぼう

2021.09.15

つみたてNISA(積立NISA)

このページをシェアする

初心者におすすめの積立NISA口座6選!商品選びで損しない証券会社を選ぼう

積立NISA(つみたてNISA)をはじめようと思ったとき悩みがちなのが、「どこで口座を作ろう?」です。あなたもそうではないですか?

この記事では、初心者におすすめの積立NISA口座とその理由を、わかりやすく解説します。

初心者におすすめの積立NISA口座はこの6社

結論から言うと、初心者におすすめの積立NISA口座は次の6社です。

理由はただ一つ、どこよりも積立NISAの取扱商品が多いから

「それだけ?」と思われるかもしれませんが、取扱商品が少ないと、われわれ利用者が知らぬ間に商品選びで損してしまう可能性があるのです。

というのも、積立NISAでは「投資信託」という金融商品に積立投資するのですが、この投資信託というのは保有している間ずっと手数料(信託報酬)がかかってきます。

手数料は商品によって差があります。中身がほぼおなじ商品でも、手数料が高いものから安いものまで、ピンキリなのが現状です。

もちろん、中身がおなじ商品なら、手数料は安いに越したことありません。

しかし、取扱商品が少ない金融機関では、そもそも手数料が安い商品を扱っていない、というケースが多々あるのです。

ここに挙げた6社は、いずれも積立NISAの取扱商品が100本以上ある金融機関です。

これだけあれば、手数料が安くて良い商品を選べます。積立NISAをする上で、これは大きなメリットになります。

積立NSIAの取扱商品数が多い金融機関TOP6

証券会社名 商品数
楽天証券 175本
SBI証券 173本
松井証券 170本
SMBC日興証券 158本
auカブコム証券 157本
マネックス証券 151本

※2021年9月時点で100本以上取り扱う金融機関を掲載

取扱商品が多い6社の中からドコを選ぶか?

ここまでご覧になって、「この6社の中だとドコが一番いいの?」と思う方もいるでしょう。あなたもそうではないですか?

答えを言いますと、ここから先は各証券会社のサービスを比較して、自分に必要なオプションを選択するのがベストです。

初心者に比較してほしいポイントは、大きく次の3つ。さっそく一緒に見ていきましょう。

初心者に比較してほしいポイント①
ポイントが貯まるか?

ポイントが貯まる

証券会社のなかには、投資信託の購入や保有でポイントが貯まるところがあるのをご存知ですか?

還元率はそれぞれの証券会社や商品によって異なりますが、平均すると保有残高の0.05%(年率)程のポイントがもらえます。

そこまで大きな還元率ではありませんが、「どうせ積立NISAをするのなら少しでもお得にやりたい」という人も多いでしょう。

あなたがそうお考えなら、このようなポイント還元サービスのある証券会社をおすすめします。

もらえるポイントは各社それぞれです。自分がメインで貯めているポイントに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

ポイントが貯まる証券会社(6社中)

初心者に比較してほしいポイント②
ポイントが使えるか?

ポイントが積立NISAで使える

なかにはポイントが貯まるだけではなく、貯まったポイントを毎月の積立金額に充当できる証券会社もあります。

積立NISA口座でそれができるのは、6社の中で楽天証券だけです(楽天ポイント)

お手元に楽天ポイントが貯まっている方は、ポイントの有効な使い道として検討してはいかがでしょう。

ポイントを使える証券会社(6社中)

初心者に比較してほしいポイント③
クレジットカードが使えるか?

積立NISAでクレジット決済ができる

最近は一部の証券会社で、クレジットカードを使って投資信託が買えるようになりました。

対応している証券会社はまだ少なく、使えるクレジットカードも限られていますが、それでも多くの人が「クレカ積立」を選んでいるようです。

選ばれる理由のひとつに、日頃からすべての支払いをクレジットカードでまとめている人にとっての「管理のしやすさ」があると思います。

また、積立NISAの決済分でもクレジットカードのポイントが貯まるわけですから、シンプルに「お得さ」で選ぶ人も多いでしょう。

クレジットカードの利用に抵抗がない人であれば、「クレカ積立」ができる証券会社を選択するのも良いと思います。

クレジットカードが使える証券会社(6社中)

初心者におすすめの積立NISA口座まとめ

いろいろお伝えしてきましたが、最後に初心者向けのおすすめ積立NISA口座についてカチッとまとめます。

初心者におすすめの積立NISA口座

  • 取扱商品が100本以上ある証券会社がおすすめ(6社ある)
  • その6社の中から自分がほしいサービスがある証券会社を選ぶのがおすすめ

初心者向け積立NISA口座の比較表

証券会社名 商品数 ポイント
貯まる
ポイント
使える
クレカ
使える
楽天証券 175本
(楽天ポイント)

(楽天ポイント)

(楽天カード)
SBI証券 173本
(Tポイント) or
(Vポイント)

(三井住友
カード)
松井証券 170本
(現金) ※一部商品のみ
SMBC日興証券 158本
(dポイント)
auカブコム証券 157本
(Ponta
ポイント)
マネックス証券 151本
(マネックス
ポイント)

※2021年8月16日時点

たとえば、クレカ積立をしたいのであれば、楽天証券×楽天カードSBI証券×三井住友カードが候補になってきます。

貯まったポイントを積立NISAの資金に充てたいのであれば、自ずと楽天証券一択になるでしょう。

いずれにせよ、6社とも良い商品をたくさん取り揃えている素晴らしい証券会社です。どこを選んでも間違いはないと思います。

この記事を参考に、あなたにとってベストパートナーになる積立NISA口座を見つけてくださいね。

このページをシェアする

pen

つみたてNISA(積立NISA)に関する記事

積立NISAの商品はどれがおすすめ?選び方やおすすめの銘柄を解説!

2019.06.28

つみたてNISA(積立NISA)

つみたてNISAとiDeCo、どっちを選ぶ?これが正しい選び方マニュアル

2018.01.22

つみたてNISA(積立NISA)

手続きは?注意点は?よくわかる「NISA→つみたてNISA」の口座変更

2018.01.22

つみたてNISA(積立NISA)

つみたてNISA(積立NISA)口座開設で初心者が「?」になりがちな点

2018.01.22

つみたてNISA(積立NISA)

2021年つみたてNISAおすすめ口座5選-証券会社&銀行を比較

2017.12.28

つみたてNISA(積立NISA)

みんな何を比較して選ぶの?つみたてNISA(積立NISA)商品の選び方

2017.12.28

つみたてNISA(積立NISA)

始める前に要チェック、つみたてNISA(積立NISA)5つのデメリット

2017.12.25

つみたてNISA(積立NISA)

こんな人はつみたてNISA(積立NISA)を使うべき!5つのタイプを紹介

2017.12.25

つみたてNISA(積立NISA)

つみたてNISA(積立NISA)とは?メリットは?やさしく解説します

2017.12.25

つみたてNISA(積立NISA)

つみたてNISA(積立NISA)と、NISA・iDeCoを徹底比較!

2017.05.10

つみたてNISA(積立NISA)

積立NISA(つみたてNISA)を始める前に知っておきたい「ドルコスト平均法」

2017.04.26

つみたてNISA(積立NISA)