どう使う?なにがお得?PayPay(ペイペイ)の使い方とお得さを解説

2020.08.05更新
(2020.07.16公開)

スマホ決済(ペイ)

このページをシェアする

どう使う?なにがお得?PayPay(ペイペイ)の使い方とお得さを解説

PayPay(ペイペイ)に興味があります。使い方と、どれだけお得になるか教えてください。

※掲載内容を最新情報にアップデートしました(2020/8/5)

PayPay(ペイペイ)は、スマホを持っている人なら誰でもカンタンに使えます。登録から支払いまで、設定はすべてスマホで完結。クレジットカードのように審査がないので、やり方さえ覚えれば今すぐ使えます。

それでいて、クレジットカードのようにお得なポイント還元を受けられます。つまり、現金払い並みの手軽さで、クレジットカード並みにお得になるのです。誰もが使っているのもよくわかりますね。

今回は、これからPayPayを使いたいという人のために、PayPayの使い方やお得な還元について解説します。

PayPay(ペイペイ)を使う準備をしよう

それでは、PayPayの使い方を見ていきましょう。

スマートフォンにPayPayアプリをインストールしたら、まずはアカウントの登録を行います。アプリを起動して、電話番号とパスワードを入力すると、SMSで4桁の認証コードが送られてきます。この認証コードをアプリに入力すれば登録完了です。画面の指示にしたがって操作するだけなので、特に問題なく進められるでしょう。PayPayは年齢制限もありませんので、未成年でも利用できます。

PayPay(ペイペイ)を使う準備

次に、支払い方法を決めます。

PayPayの支払い方法には次の3つがあります。どのような方法か、くわしく見ていきましょう。

支払い方法①事前にチャージした残高で支払う

まずは前もってPayPayにチャージしたお金(残高)で支払う方法です。前払いですね。

PayPayへのチャージは、あらかじめ登録しておいた銀行口座・クレジットカード(Yahoo! JAPANカードのみ可)で今すぐにできます。登録が不安であれば、セブン銀行ATMから現金をチャージする方法もあります。

ここでは、「銀行口座の登録」→「残高チャージ」の手順を紹介します。なお、登録する銀行によって、通帳・キャッシュカード・暗証番号・ワンタイムパスワードなどの情報が必要になるので、事前に用意しておきましょう(必要な情報は銀行により異なります)。

銀行口座の登録手順

アプリを起動し、表示されたホーム画面の「その他」→「銀行口座登録」を選択
登録する銀行を選択登録可能な銀行はこちら
ここからは銀行によって操作が異なる。指示に従って支店名、口座番号、口座名義などを入力する

→登録完了!

PayPay(ペイペイ)の銀行口座の登録手順

登録ができたら、続けて残高をチャージしましょう。

銀行口座から残高チャージの手順

ホーム画面の「チャージ」をタップし、チャージする銀行を選択(銀行名をタップすると選択できる)
「金額」欄にチャージしたい金額を入力し「チャージする」をタップ

→チャージ完了!

PayPay(ペイペイ)の銀行口座から残高チャージの手順

支払い方法②事前に紐づけたクレジットカードで支払う

2つめは、事前に紐づけたクレジットカードで支払う後払いです。ただし、クレジットカード払いでポイントがつくのはYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)のみ。他のカードも登録して使うことはできますが、ポイントがつかない点には注意が必要です。

クレジットカードの登録手順は次の通りです。

クレジットカードの登録手順

ホーム画面の「その他」→「カード追加」を選択
カメラが起動するので、画面の枠内にクレジットカードを映して読み取る(読み取れない場合は「カード番号を直接入力する」を選択)
クレジットカード情報を入力して「追加する」を選択

→登録完了!

PayPay(ペイペイ)のクレジットカードの登録手順

支払い方法③PayPayあと払い(一括のみ)で払う

PayPayの後払いにはもうひとつ、「PayPayあと払い」があります。PayPayあと払いでは、PayPay残高がなくてもチャージなしで買い物ができ、支払いを翌月にまとめることができます。ただし、清算時に手数料(300円)がかかる点は注意が必要です。

現状、PayPayあと払いのサービスは一部の方のみに提供されています。2020年夏以降には18歳以上(高校生除く)のすべての方が利用できるようになる予定です。

PayPay(ペイペイ)で決済してみよう

ここまででPayPayの使用準備が整いました。早速、決済してみましょう。PayPayの決済方法には、次の3種類があります。

決済方法①店頭での決済(バーコード支払い)

スマホに表示されるQRコードやバーコードを店頭で読み取ってもらうことで、決済する方法です。

バーコード支払いの手順

アプリを起動して、画面下部中央の「支払う」をタップ
画面に表示されたバーコード、またはQRコードをお店の人に読み取ってもらう(支払い方法が任意のものになっているかチェックしましょう)
※トップ画面のバーコードでもOKです。

→支払い完了!

PayPay(ペイペイ)のバーコード支払いの手順

決済方法②店頭での決済(スキャン支払い)

店頭にあるQRコードをスマホで読み取って決済する方法です。

スキャン支払いの手順

アプリを起動して、画面左の「スキャン」をタップ
カメラが起動するので、お店にあるQRコードを読み取る。
続く画面で支払う金額を入力し、お店の人に見せた上で「支払う」をタップ

→支払い完了!

PayPay(ペイペイ)のスキャン支払いの手順

決済方法③ネットサービスでの決済

PayPayはPayPayモールやPayPayフリマといったネットショッピングでの決済にも利用できます

PayPay(ペイペイ)の決済方法③ネットサービスでの決済

上はPayPayモールでの例ですが、ネットショッピングの支払い方法の選択時に「PayPay残高払い」を選択するだけ。そのほかは、通常のネットショッピングと同じです。

決済が完了すると、決済した金額とともに、付与されるポイント(PayPayボーナス)の金額が表示されるので、どれだけ得したかがすぐわかります。なお、PayPayボーナスは決済の30日後に付与されます。

ここまで覚えておけばもう大丈夫。あとは実際にPayPayを使ってみてください。すぐに慣れるでしょう。なお、アプリ内の「近くのお店」をタップすると、現在地の近くにある、PayPayが使えるお店が地図で表示されますよ。

PayPay(ペイペイ)アプリ内の「近くのお店」をタップすると、現在地の近くにある、PayPayが使えるお店が地図で表示される

PayPay(ペイペイ)のポイント還元率をチェック

ここからはPayPayのお得さをみていきましょう。

PayPayのお得さは何と言ってもポイント還元にあります。PayPayを使うことで貯まるPayPayボーナスは、1ポイント=1円として買い物に利用できます

具体的な還元率は、下の表のとおりです。

  基本還元率
(残高払いの場合)
補足情報
街の
お店
0.5% 利用状況に応じて最大1.5%(Yahoo系サービスは最大2.0%)
ネット 0.5%
(yahoo系サービスは1.0%)

PayPayを利用すると、基本的に0.5%のポイント還元が受けられます。また、100円以上の決済が月間50回以上で翌月+0.5%、月間10万円以上の利用で翌月+0.5%の還元が受けられます。つまり、最大で1.5%までアップできます。

ただ注意したいのが、クレジットカード払いのポイント還元対象は、Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)のみという点。その他のクレジットカードも使えますが、PayPayのポイントがつかない点には注意が必要です。また、ネットサービスの決済でポイントがつくのは、残高払いのみとなっています。

このほか、PayPayでは期間限定のキャンペーンが開催されます。

2020年8月は「まちのお店でペイペイジャンボ」が開催されます(8月3日~31日)。対象の街のお店にてPayPay残高で支払うと、抽選で1等1000%・2等100%・3等5%の還元が当たるチャンスがあります(付与上限10万円相当/回・期間)。1等1000%なら決済金額の10倍が戻ってきます。

その他、開催中の主なキャンペーンは以下のとおりです。

これらキャンペーンは、他の支払い方法では受けられない還元ですから、ぜひ使っていきましょう。

PayPay(ペイペイ)の還元率を他と比較

ここまで、PayPay の使い方、お得さについて解説してきました。

PayPayの他にも、スマホ決済サービスはいくつかあります。利用条件によっては、PayPayよりお得になるものもあるでしょう。どのアプリも、基本的な使い方はそれほど変わりませんので、その時々でもっともお得になるものを選んで使うのもいいでしょう。

    基本還元率
(残高払いの場合)
補足情報
PayPay 街の
お店
0.5% 利用状況に応じて最大1.5%(Yahoo系サービスは最大2.0%)
ネット 0.5%
(yahoo系サービスは1.0%)
楽天ペイ 街の
お店
1.0%
ネット
メルペイ 街の
お店
還元なし
ネット
LINE Pay 街の
お店
還元なし VISA LINE Payクレジットカード払いの場合のみ1.0~3.0%
ネット
d払い 街の
お店
0.5% 利用状況に応じて最大7.5%
ネット 1.0% 毎週金曜・土曜は3.0%
au PAY 街の
お店
0.5%
(ローソンは4.0%)
毎月3日・13日・23日の三太郎の日はローソンで7%(auユーザーは10%)
ネット 還元なし

上表は、各スマホ決済サービスでもらえるポイントの基本還元率を比較したものです。

2020年8月現在、基本還元率でもっともお得なのは、街のお店での決済だと1%の楽天ペイとなっています。また、ネットサービスでの決済だと1%の楽天ペイとd払いです。PayPayもヤフーの対象サイトならば還元率1%にできます

いずれのスマホ決済も、貯まったポイントは、次の買い物でお得に使うことができます。

あなたもPayPayはもちろん、他のスマホ決済も上手に活用して、お得さを実感してみてはいかがでしょうか。

今回、執筆いただいたのは
マネーコンサルタント・頼藤太希さん

頼藤太希さん

Money&You代表取締役/マネーコンサルタント

慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性向けWebメディア『FP Cafe』や月250万PV、200万UUの『Mocha(モカ)』を運営すると同時に、マネーコンサルタントとして、資産運用・税金・Fintech・キャッシュレスなどに関する執筆・監修、書籍、講演などを通して日本人のマネーリテラシー向上に注力している。
『SNS時代に自分の価値を最大化する方法』(河出書房新社)、『入門 仮想通貨のしくみ』(日本実業出版社)、『人気FPが教える! 稼げるスマホ株投資』(スタンダーズ)など著書多数。
日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャルプランナー(AFP)、日本アクチュアリー会研究会員。

このページをシェアする

qa

スマホ決済(ペイ)に関するQ&A