【PayPayなど主要ペイ6種類を比較】自分にピッタリなスマホ決済の選び方

2020.08.06更新
(2020.07.07公開)

スマホ決済(ペイ)

このページをシェアする

【PayPayなど主要ペイ6種類を比較】自分にピッタリなスマホ決済の選び方

スマホ決済(ペイ)を使ってみたいのですが、種類が多くて悩みます。どれを選べばよいでしょう?

※掲載内容を最新情報にアップデートしました(2020/8/6)

たくさんの種類があるスマホ決済(ペイ)ですが、全国の利用可能店舗数が100万を突破しているのは、PayPay(ペイペイ)、楽天ペイ、メルペイ、LINE Pay、d払い、au PAYの6つだけです。せっかく導入しても、近くに使えるお店がないと意味がないので、ひとまずこの6つの中から選んでみてはいかがでしょうか。

というわけで今回は、これら6種類のスマホ決済の特徴を比較して、選び方を解説します。

主要スマホ決済6種類の特徴を比較

さっそく、PayPay(ペイペイ)、楽天ペイ、メルペイ、LINE Pay、d払い、au PAY、6種類のスマホ決済の特徴を1つずつ見ていきましょう。

PayPay(ペイペイ)

  • 使えるお店がダントツで多い
  • ポイント還元率は0.5%~(毎月の利用状況によってアップ)
  • 「Yahoo!ショッピング」や「PayPayフリマ」など、ヤフー系のネット通販での利用なら還元率1%
  • ソフトバンク・ワイモバイルのユーザーなら電話料金合算払いが使える
PayPay(ペイペイ)の特徴

100億円還元など、大型のキャンペーンがたびたび話題になったPayPayは、使えるお店が多いことが最大の特徴です。とくに街のお店に強く、スーパー・ドラッグストア・家電量販店などでは、他のペイが使えてPayPayが使えない、なんてことはまずありません。

PayPayなら大手スーパー・ドラッグストアでも使える
  イオン イトーヨーカドー 西友 ツルハドラッグ ウエルシア マツモトキヨシ
PayPay
楽天ペイ
メルペイ
LINE Pay
d払い
au PAY

ポイント還元率は0.5%ですが、100円以上の決済が月間50回以上で+0.5%、月間10万円以上の利用で+0.5%となるので、最大1.5%(ヤフー系のネット通販なら2%)までアップすることもできます。

また、ソフトバンク・ワイモバイルのユーザーなら、電話料金合算払いが使えます。銀行口座やクレジットカードを連携することなく、カンタンにPayPayを利用することができるメリットがあります。

このとおりメリットが多いので、「とりあえずスマホ決済を始めよう!」という方であれば、細かいことは気にせず、まずはPayPayから始めてみるのもよいでしょう。

楽天ペイ

  • 貯まった楽天ポイントの使い道が増える
  • ポイント還元率は1%
楽天ペイの特徴

今や共通ポイントサービスとなった楽天ポイントは、楽天系のサービス(楽天市場・楽天トラベル・楽天ブックスなど)だけでなく、さまざまなお店で貯める・使うことができます。それだけでも十分に汎用性が高いポイントですが、楽天ペイを使うことでさらに多くのお店で楽天ポイントを使うことが可能になります。

たとえば、ファミリーレストランのガストでは、楽天ポイントカードの提示でポイントを使うことはできませんが、楽天ペイ決済なら使うことができます。

楽天キャッシュ(チャージ残高払い)で支払いすれば、街のお店・ネットどこでも1%の楽天ポイント還元も受けられます。楽天経済圏にどっぷり浸かっている人なら、楽天ペイは外せないでしょう。

メルペイ

  • メルカリの売上金をそのままスマホ決済で利用できる
  • 登録した銀行口座から翌月自動引落しで後払いができる
  • ポイント還元なし
メルペイの特徴

フリマアプリ「メルカリ」の売上金を現金として出金すると、1回200円の手数料がかかります。しかし、売上金をメルペイとして使えば、手数料は一切不要です。これこそがメルペイ最大の強みといってよいでしょう。メルペイは利用できる店舗も多いので、使い勝手もいいです。

また、メルペイスマート払いを利用すれば、クレジットカードがなくても後払いが可能になります。これは「当月の支払い額を翌月の好きなタイミングで支払えばOK」というサービスで、銀行自動引き落とし・メルペイ残高での支払いであれば、手数料もかかりません。

ただしメルペイには、スマホ決済のメリットの一つであるポイント還元は一切ありません。

LINE Pay

  • メッセージアプリ「LINE」の中にすでに入っている
  • VISA LINE Payクレジットカード払いなら還元率1%~(過去6ヵ月の利用状況によってアップ)
  • お得な割引クーポンがもらえる
LINE Payの特徴

メッセージアプリ「LINE」の中にすでに入っているLINE Pay。おなじみのアプリなので、とっつきやすさはナンバーワンかもしれません。

ポイント還元率は基本0%です。ただし、「VISA LINE Payクレジットカード」と組み合わせて使うことで、1~3%の還元が受けられるようになります(還元率は過去6ヵ月の獲得ポイントによるランクによって決定されます)。

加えて、お得なクーポンも受け取れます。こちらも、ランクが上がると使える枚数が増えていきます。ポイントはもちろん、クーポンによる値引きも手に入れたいという方におすすめです。

d払い

  • ポイント還元率は0.5%~(毎月の利用状況等によってアップ)
  • クレジットカードと組み合わせればポイント二重取りができる
  • ドコモのユーザーなら電話料金合算払いが使える
  • ドコモのユーザーならAmazonで使える
d払いの特徴

d払いは、ドコモが提供するスマホ決済です。街のお店で0.5%還元、ネットのお店で1%のポイント還元が受けられます。また、毎週金・土曜日はネットの還元率が3%にアップします。しかも、クレジットカードと組み合わせればそれだけでポイント二重取りができるので、ドコモユーザーでなくてもお得です。

ただし、d払いがよりお得になるのは、やはりドコモのユーザーでしょう。ドコモの利用歴が15年以上なら+1%、ドコモの料金支払いにdカードGOLDを設定することでさらに+1%と還元率がアップします(いずれも街のお店での利用)。

また、ドコモのユーザーならAmazonのお買い物でd払いを利用することができます。ネットのお店なので、毎週金・土曜日なら還元率は3%です。なお、Amazonで使えるスマホ決済は、現時点でd払いしかありません。

au PAY

  • ポイント還元率は0.5%
  • ローソンならポイント還元率が4%
  • クレジットカードと組み合わせればポイント二重取りができる
au PAYの特徴

au PAY は、auが提供するスマホ決済です。基本の還元率は0.5%で、Pontaポイントが貯まるようになっています。ローソンならポイント還元率が4%に。また、クレジットカードと組み合わせればそれだけでポイント二重取りができるので、auユーザーでなくてもお得になります。

ただし、au PAYがよりお得になるのは、やはりauユーザーでしょう。auユーザーなら毎月3日・13日・23日の三太郎の日にローソンでの還元率が10%になります。さらに限定クーポンなどももらえるので、auのユーザーであれば外せないアプリです。

自分にぴったりなスマホ決済の選び方

今回は6種類のスマホ決済アプリの特徴を比較し、選び方のポイントやアプリごとの概要を1つずつやさしく紹介してきました。スマホ決済選びは、「ポイント還元内容」や「自分が普段利用しているサービス」から考えると、答えが見えてきます。

ポイント還元内容から選ぶ
    基本還元率
(残高払いの場合)
備考
PayPay 街の
お店
0.5% 利用状況に応じて最大1.5%(Yahoo系サービスは最大2.0%)
ネット 0.5%
(yahoo系サービスは1.0%)
楽天ペイ 街の
お店
1.0%
ネット
メルペイ 街の
お店
還元なし
ネット
LINE Pay 街の
お店
還元なし VISA LINE Payクレジットカード払いの場合のみ1.0~3.0%
ネット
d払い 街の
お店
0.5% 利用状況に応じて最大7.5%
ネット 1.0% 毎週金曜・土曜は3.0%
au PAY 街の
お店
0.5%
(ローソンは4.0%)
毎月3日・13日・23日の三太郎の日はローソンで7%(auユーザーは10%)
ネット 還元なし
普段利用しているサービスから選ぶ
PayPay ・ヤフー系ネット通販をよく利用する人におすすめ
・ソフトバンク・ワイモバイルのユーザーにおすすめ
楽天ペイ ・楽天ポイントを貯めている人におすすめ
メルペイ ・メルカリで出品する人におすすめ
・クレジットカードはないけど後払いしたい人におすすめ
LINE Pay ・LINEポイントを貯めている人におすすめ
・VISA LINE Payクレジットカード所有者におすすめ
d払い ・dポイントを貯めている人におすすめ
・ドコモのユーザーにおすすめ
au PAY ・Pontaポイントを貯めている人におすすめ
・auユーザーにおすすめ

スマホ決済アプリは複数ダウンロードして、使い分けることもできます。もちろん利用は無料なので、気になったアプリがあったらぜひ1度、ダウンロードしてみてください。

今回、執筆いただいたのは
マネーコンサルタント・頼藤太希さん

頼藤太希さん

Money&You代表取締役/マネーコンサルタント

慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性向けWebメディア『FP Cafe』や月250万PV、200万UUの『Mocha(モカ)』を運営すると同時に、マネーコンサルタントとして、資産運用・税金・Fintech・キャッシュレスなどに関する執筆・監修、書籍、講演などを通して日本人のマネーリテラシー向上に注力している。
『SNS時代に自分の価値を最大化する方法』(河出書房新社)、『入門 仮想通貨のしくみ』(日本実業出版社)、『人気FPが教える! 稼げるスマホ株投資』(スタンダーズ)など著書多数。
日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャルプランナー(AFP)、日本アクチュアリー会研究会員。

このページをシェアする

qa

スマホ決済(ペイ)に関するQ&A