おすすめスマホ決済(ペイ)6選-使い方&還元率&キャンペーン

このページをシェアする

スマホひとつで
簡単にお支払いできて、
さらにポイントまで貯まる
スマホ決済(ペイ)。

大変便利かつお得さもあるので、使ってみたいという人も多いでしょう。

このページでは、数あるスマホ決済の中からおすすめを厳選紹介します。
使い方・ポイント還元率・キャンペーン等の基本スペックをしっかり比較。
あなたにピッタリのペイが見つかると思うので、参考にしてください。

スマホ決済(ペイ)

おすすめスマホ決済
(ペイ)6選

スマホ決済で大切なのは、使えるお店の数ですよね。
いくら便利でも、使えるお店が少なければ意味がありません
PayPay・楽天ペイ・LINE Pay・d払い・au PAY・メルペイは、いずれも使えるお店が多いのでおすすめです。

おすすめスマホ決済(ペイ)6選

PayPayの使い方・還元率・キャンペーン

PayPayの使い方・還元率・キャンペーン

楽天ペイの使い方・還元率・キャンペーン

楽天ペイの使い方・還元率・キャンペーン

LINE Payの使い方・還元率・キャンペーン

LINE Payの使い方・還元率・キャンペーン

d払いの使い方・還元率・キャンペーン

d払いの使い方・還元率・キャンペーン

au PAYの使い方・還元率・キャンペーン

au PAYの使い方・還元率・キャンペーン

メルペイの使い方・還元率・キャンペーン

メルペイの使い方・還元率・キャンペーン

6選の還元率を比較

スマホ決済を使うメリットのひとつがポイント還元です。
どうせ使うならお得なほうがいいですよね。
というわけで、ここからは各ペイのポイント還元率を比較しましょう。

おすすめスマホ決済(ペイ)の還元率を比較

①残高払いの還元率を比較

PayPay 街の
お店
0.5% ※条件クリアで最大1.5%
ネット 0.5% ※条件クリアで最大10.0%
楽天ペイ 街の
お店
1.0%
ネット
LINE Pay 街の
お店
なし
ネット
d払い 街の
お店
0.5% ※条件クリアで最大7.5%
ネット 1.0% ※条件クリアで最大6.0%
au PAY 街の
お店
0.5% ※条件クリアで最大9.0%
ネット なし
メルペイ 街の
お店
なし
ネット

※2020年10月9日時点

マネーコンサルタント・
頼藤太希氏のアドバイス

残高払いでポイントがもらえるのは、PayPay・楽天ペイ・d払い・au PAY(街のお店)の4つで、基本還元率は0.5~1.0%です。残高払いでポイントを貯めたいなら、少なくともこの4つの中から選びましょう

とはいえ、あれこれ使ってしまうと管理が大変に…。また、貯まるポイントも分散してしまうので、使いにくくなってしまいます。多くても2つ程度に絞って利用したいですね。

多くても2つ程度に絞って利用

この中でもっともおすすめなのはPayPayです。チェーン店だけでなく個人経営のお店でも使えることが多いため、利用機会が多くてポイントが貯めやすいメリットがあります。PayPayをメインに、あとは普段利用しているポイントからサブを選ぶとよいでしょう。

※楽天ポイントなら楽天ペイ、dポイントならd払い、Pontaポイントならau PAY

ちなみに、PayPay・楽天ペイ・au PAYの3つは、クレジットカードによる残高チャージが可能。このうち楽天ペイ・au PAYは、スマホ決済のポイントに加えてクレジットカードのポイントももらえるのでお得ですよ。

※楽天ペイにチャージできるクレジットカードは、楽天カードのみとなっています。

楽天カード券面

楽天カードの詳細はこちら

②クレジットカード払いの還元率を比較

PayPay 街の
お店
0.5% ※ポイント還元はヤフーカードのみ(カードポイントなし
※条件クリアで最大1.5%
ネット なし
楽天ペイ 街の
お店
なし
ネット 1.0%
LINE Pay 街の
お店
1.0% ※Visa LINE Payクレジットカードのみ(カードポイントなし)
※条件クリアで最大3.0%
ネット
d払い 街の
お店
0.5% ※条件クリアで最大7.5%
ネット 1.0% ※条件クリアで最大6.0%
au PAY 街の
お店
※クレジットカード払い不可
ネット
メルペイ 街の
お店
※クレジットカード払い不可
ネット

※2020年10月9日時点

マネーコンサルタント・
頼藤太希氏のアドバイス

クレジットカード払いでポイントがもらえるのは、PayPay(街のお店)・楽天ペイ(ネット)・d払い・LINE Payの4つで、基本還元率は0.5~1.0%です。クレジットカード払いでポイントを貯めたいなら、少なくともこの4つのどれかを使いましょう

なかでもお得なのは、d払いと楽天ペイ(ネット)です。この2つだけは、スマホ決済のポイントに加えて、クレジットカードのポイントももらうことができます。いわゆる「ポイントの二重取り」が可能なのです。

ポイントの二重取り(
還元率1%のクレジットカードを紐づけて1万円利用した場合)

最後に注意点をひとつ。PayPayはヤフーカードでしかポイントが貯まりません。また、LINE PayもVISA LINE Payクレジットカードでしかポイントが貯まらないうえ、そもそもそれ以外のカードでは決済すらできません。この2つを利用するなら、ヤフーカード、VISA LINE Payクレジットカードを準備したいところです。

6選の支払い方法を比較

PayPay 残高払い クレジットカード払い あと払い 電話料金合算払い
楽天ペイ 残高払い クレジットカード払い あと払い 電話料金合算払い
LINE Pay 残高払い クレジットカード払い あと払い 電話料金合算払い
d払い 残高払い クレジットカード払い あと払い 電話料金合算払い
au PAY 残高払い クレジットカード払い あと払い 電話料金合算払い
メルペイ 残高払い クレジットカード払い あと払い 電話料金合算払い

※2020年10月9日時点

マネーコンサルタント・
頼藤太希氏のアドバイス

スマホ決済は主に「残高払い」「クレジットカード払い」のいずれかで支払います。

スマホ決済は主に「残高払い」「クレジットカード払い」のいずれかで支払います

残高払いは、チャージした分の金額しか使えないので、使いすぎを防ぐことができます。対するクレジットカード払いは、手元に現金がなくても支払えることと、支払いのタイミングを後でまとめられることがメリットです。それぞれのメリットを理解したうえで、自分にあった支払い方法を選びましょう。前述した「支払い方法によるポイント還元率の違い」も参考にしてくださいね。

その他では、クレジットカードなしで買い物の代金を後から支払うことができる「あと払い」という方法があり、PayPayとメルペイで利用できます。ただし、1回300円程度の手数料がかかるのでおすすめできません(メルペイ残高払い清算の場合は0円)

同じくクレジットカードなしで後払いが可能な方法として、d払いの「電話料金合算払い」があります。月々のドコモ料金と一緒に支払う方法で、こちらは手数料がかかりません。

6選の残高チャージ手段を比較

PayPay 銀行口座(83) クレジットカード(*) セブン銀行ATM その他(PayPayギフトカード/ヤフオク売上金/ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い)
楽天ペイ 銀行口座(1) クレジットカード(*) セブン銀行ATM その他(ラクマ売上金)
LINE Pay 銀行口座(105) クレジットカード セブン銀行ATM その他(QRコード・バーコード/LINE Pay カード/Famiポート/東急線券売機)
d払い 銀行口座 クレジットカード セブン銀行ATM その他(コンビニ)
au PAY 銀行口座(2) クレジットカード(*) セブン銀行ATM その他(ローソン/au PAYチャージカード/auショップ/auかんたん決済)
メルペイ 銀行口座(36) クレジットカード セブン銀行ATM その他(メルカリ売上金)

※2020年10月9日時点

マネーコンサルタント・
頼藤太希氏のアドバイス

スマホ決済の残高チャージ手段は、「連携した銀行口座から送金」「セブン銀行ATMから入金」が主です。

スマホ決済の残高チャージ手段は、「連携した銀行口座から送金」「セブン銀行ATMから入金」が主です

セブン銀行ATMでは、セブン銀行の口座をもっていなくても、現金で各スマホ決済へのチャージができます(楽天ペイは不可)。誰でも使えるので便利ですが、ATMまで出向く手間はかかります。一方、連携した銀行口座からの送金は、いつでもどこでもスマホひとつでできる手軽さがメリットです。

未成年者はクレジットカード払いが利用できないので、対応している銀行口座を準備して、チャージするのがよいでしょう。お金も銀行口座にある分しか使えないので、管理もしやすいですね。

6選のクレジットカード払いで
使えるカードを比較

PayPay VISA、Mastercard、ヤフーカード
楽天ペイ VISA、Mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESS、楽天カード
LINE Pay VISA LINE Payクレジットカード
d払い VISA、Mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESS、dカード
au PAY 対応なし
メルペイ 対応なし

※2020年10月9日時点

マネーコンサルタント・
頼藤太希氏のアドバイス

PayPay・楽天ペイ・d払いならVISAとMasterCardは使えるので問題ないでしょう。ただし、前述のとおりPayPayのクレジットカード払いでポイントがもらえるのはヤフーカードを連携した場合のみ、LINE PayはVISA LINE Payクレジットカードを連携した場合のみです。覚えておきましょう。

その他、スマホ決済(ペイ)
に関する記事

スマホ決済(ペイ)とは?使うとどんなメリット・デメリットがある?

スマホ決済(ペイ)とは?使うとどんなメリット・デメリットがある?

【PayPayなど主要ペイ6種類を比較】自分にピッタリなスマホ決済の選び方

【PayPayなど主要ペイ6種類を比較】自分にピッタリなスマホ決済の選び方

スマホ決済(ペイ)について
解説してくれたのは
マネーコンサルタント・
頼藤太希さん

頼藤太希さん

Money&You代表取締役/マネーコンサルタント

慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性向けWebメディア『FP Cafe』や月250万PV、200万UUの『Mocha(モカ)』を運営すると同時に、マネーコンサルタントとして、資産運用・税金・Fintech・キャッシュレスなどに関する執筆・監修、書籍、講演などを通して日本人のマネーリテラシー向上に注力している。
『SNS時代に自分の価値を最大化する方法』(河出書房新社)、『入門 仮想通貨のしくみ』(日本実業出版社)、『人気FPが教える! 稼げるスマホ株投資』(スタンダーズ)など著書多数。
日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャルプランナー(AFP)、日本アクチュアリー会研究会員。

このページをシェアする