CONNECT(コネクト)でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.03.02更新
(2021.01.25公開)

証券会社

このページをシェアする

CONNECT(コネクト)でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

※掲載内容を最新情報にアップデートしました(2021/3/2)

証券口座をどこで作るかで悩んでいる人の中には、大和証券グループの新しい証券会社「CONNECT(コネクト)」を候補にしている人も多いでしょう。そこで本記事では「CONNECT」でできること、できないこと、「CONNECT」で口座開設するメリット等、詳細情報をまとめました。

CONNECT(コネクト)でできること

CONNECTでできることは以下の通りです。詳しく見ていきましょう。

国内株(現物取引)

CONNECTでは国内株の現物取引を行うことができます。手数料は以下の通りです。なお、CONNECTには1日定額の手数料プランはありません。

1回の取引金額
200万円未満 200万円以上
0.033% 660円

1回の取引金額ごとの手数料が安い

CONNECTの現物取引手数料は、1回の取引金額に対して0.033%(上限660円)となっています。これは他の証券会社と比べて十分に最安水準です。

1回の取引金額ごとの手数料が最安水準

クーポンを使えば手数料0円で取引可能

購入時・売却時に「クーポン利用」を選択すれば、その取引にかかる手数料が0円になります。クーポンは毎月10枚もらえて、月内に使わなかった場合は翌月まで繰り越し可能です。

クーポンを使えば手数料0円で取引できる

国内株(信用取引)

CONNECTでは国内株の信用取引を行うことができます。手数料・金利・貸株料は以下の通りです。なお、CONNECTの信用取引は「制度信用取引」のみ対応しています。

手数料 買方金利/貸株料
1回の取引金額 制度
信用取引
一般
信用取引
100万円
未満
100万円
以上
0.033% 330円 (買)年2.0%
(売)年1.0%
取扱なし

国内株(信用取引)のコストが安い

CONNECTの信用取引コストは、1回の取引金額に対して手数料0.033%(上限330円)、買方金利(年2.0%)・貸株料(年1.0%)となっています。これは他の証券会社と比べて十分に最安水準です。ただし、CONNECTでは一般信用取引の取り扱いがないので、長期で値上がり・値下がりを期待する場合には向いていません。

CONNECTの信用取引コストは最安水準

クーポンを使えば手数料0円で取引可能

購入時・売却時に「クーポン利用」を選択すれば、信用取引でも手数料が0円になります。クーポンは毎月10枚もらえて、月内に使わなかった場合は翌月まで繰り越し可能です。

クーポンを使えば手数料0円で取引できる

単元未満株取引

CONNECTでは単元未満株の取引ができます(サービス名:ひな株)。単元未満株の取引手数料は無料ですが、市場価格に対してスプレッド(0.5%)が加減算された額での取引になります。

単元未満株スプレッド
0.5%

単元未満株の取引コストが安い

単元未満株取引に掛かるコストはスプレッド0.5%です。たとえば市場価格1000円の株は購入価格1005円、売却価格995円での取引になります。これは同様のサービスを提供する他の証券会社と比べて最安水準です。

単元未満株の取引コストは最安水準

単元未満株の対象銘柄は300銘柄以上

単元未満で取引できる銘柄は300本以上(2021年1月現在)。みんなが知っている有名企業銘柄の取り扱いも多数あります。

単元未満株の対象銘柄は300銘柄以上

国内ETF/ETN/REIT

CONNECTでは国内ETF/ETN/REITの取引ができます。現物取引・信用取引どちらも可能です。手数料等は国内株取引と同じです。

現物取引手数料
1回の取引金額
200万円未満 200万円以上
0.033% 660円

信用取引手数料
手数料 買方金利/貸株料
1回の取引金額 制度
信用取引
一般
信用取引
100万円
未満
100万円
以上
0.033% 330円 (買)年2.0%
(売)年1.0%
取扱なし

国内ETF/ETN/REITの取引手数料が安い

現物取引(0.033%、上限660円)・信用取引(0.033%、上限330円)とも、最安水準のコストで国内ETF/ETN/REITを取引することができます。

現物取引・信用取引とも最安水準のコストで国内ETF/ETN/REITを取引できる

クーポンを使えば手数料0円で取引可能

購入時・売却時に「クーポン利用」を選択すれば、現物取引・信用取引どちらでも手数料が0円になります。クーポンは毎月10枚もらえて、月内に使わなかった場合は翌月まで繰り越し可能です。

クーポンを使えば現物取引・信用取引どちらでも手数料が0円になる

新規公開株式(IPO)/公募増資・売出(PO)

CONNECTは新規公開株式(IPO)/公募増資・売出(PO)に対応しています。

新規公開株式(IPO)取扱銘柄数が多い

新規公開株式(IPO)は銘柄ごとに取り扱いのある証券会社でないと買うことができません。CONNECTなら大和証券が引受けるIPOの申込みが可能(大和証券の2020年IPO取扱数は44銘柄)。取扱数が多いので、IPO狙いで押さえておきたい証券会社です。

新規公開株式(IPO)取扱銘柄数が多い

70%完全平等抽選で誰にでも当選チャンスがある

証券会社によっては資金力のある人が有利になる抽選方式をとっているところもありますが、CONNECTのIPOは70%完全平等抽選(残り30%は優遇条件ありの抽選)。よって誰にでも当選チャンスがあります

70%完全平等抽選で誰にでも当選チャンスがある

投資信託

CONNECTでは投資信託の取引を行うことができます。

すべての商品が購入手数料無料(ノーロード)

CONNECTでは厳選された約30銘柄の投資信託を取り扱っています(2021年3月現在)。すべての銘柄が購入手数料無料のノーロード商品なので、購入手数料有りの証券会社よりお得に購入することができます。

すべての商品が購入手数料無料(ノーロード)

毎日100円から投信積立が可能

CONNECTは毎日100円から投信積立を行うことができます。ただし、スポット購入や毎月積立には対応していないので、そちらをご希望の方はご注意ください。

毎日100円から投信積立が可能

つみたてNISA

CONNECTはつみたてNISAにも対応しています。

毎日100円から投信積立が可能

CONNECTのつみたてNISAは、毎日100円から投信積立を行うことができます。2021年3月現在、つみたてNISAで毎日積立に対応している証券会社は、SBI証券、楽天証券、マネックス証券、大和証券等ごく一部しかありません。ただし、CONNECTでは毎月積立には対応していないので、そちらをご希望の方はご注意ください。

つみたてNISAも毎日100円から投信積立が可能

一般NISA

CONNECTは一般NISAにも対応しています。

一般NISA口座で単元未満株の取引が可能

CONNECTなら一般NISA口座で単元未満株の取引も可能です。非課税制度の恩恵を受けながらお得に単元未満株を運用することができます。

CONNECTなら一般NISA口座で単元未満株の取引も可能

ポイント投資

CONNECTでは、「StockPoint for CONNECT」を使ってポイント投資を行うことができます。

Pontaポイント等で株取引の疑似体験ができる

「StockPoint for CONNECT」アプリを使って、株取引の疑似体験をすることができます(①銘柄選び→②ポイント追加→③株価に連動してポイントが増減→④売却)。使えるポイントは、Pontaポイント・永久不滅ポイント・ドットマネー・ストックポイントの4つです。

「StockPoint for CONNECT」アプリを使って、Pontaポイント等で株取引の疑似体験ができる

疑似体験中の銘柄をリアル株式に交換できる

「StockPoint for CONNECT」アプリで疑似体験している銘柄のポイント数が1株に達すると、リアル株式に交換してCONNECTの口座に移管することができます

疑似体験中の銘柄をリアル株式に交換できる

CONNECT(コネクト)でできないこと

CONNECTでは以下の金融商品・取引は取り扱いがありません。これらの金融商品・取引をご希望の方は、取り扱いのある他の証券会社にも口座を持った方がよいでしょう。

取り扱いのない金融商品・取引

  • 一般信用取引
  • 夜間取引
  • 貸株サービス
  • 外国株式/海外ETF
  • ロボアドバイザー(ラップ)
  • iDeCo(イデコ)
  • ジュニアNISA
  • 国内債券/外国債券
  • 先物取引/オプション取引
  • 金/銀/プラチナ
  • FX/バイナリーオプション
  • CFD
  • eワラント
  • 暗号資産(仮想通貨)

CONNECT(コネクト)で口座開設するメリット

ここまでCONNECTでできること・できないことを解説しました。おしまいにCONNECTで口座開設することのメリットをまとめます。

CONNECTで口座開設するメリット

  • 口座開設・維持のコストは一切不要
  • 国内株/ETF/ETN/REITの取引手数料が安い(現物・信用とも)
  • クーポンを使えば手数料0円で国内株/ETF/ETN/REIT取引ができる(現物・信用とも)
  • 単元未満株の取引コストが安い
  • IPOの取扱銘柄が多い
  • IPO抽選方式が70%完全平等抽選で誰にでも当選チャンスあり
  • つみたてNISA対応、100円から毎日積立ができる
  • 一般NISA口座で単元未満株の取引ができる
  • ポイントを使って株取引の疑似体験&リアル株式に交換できる

ごらんの通り、CONNECTで口座を開設することはメリットが多いです。特に国内株/ETF/ETN/REITの現物取引手数料の安さは目を引きます。さらには手数料無料クーポンが毎月10枚もらえるのですから、現物取引を中心に月10回程度の売買を考えている人にはもってこいの口座でしょう。

取引ツールの使いやすさや、提供される投資情報などが気になる方もいると思いますが、これらは「相性」がモノを言う部分です。前述のとおり、CONNECTは口座を開設・維持しているだけならコストはかからないので、まずは実際に口座開設してみて、ご自身で触れてみることをおすすめします。

CONNECTの詳細はこちら!

このページをシェアする

pen

証券会社に関する記事

PayPay証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.03.29

証券会社

マネックス証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.03.26

証券会社

松井証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.03.25

証券会社

SMBC日興証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.03.19

証券会社

SBI証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.03.02

証券会社

auカブコム証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.02.12

証券会社

SBIネオモバイル証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.02.04

証券会社

CONNECT(コネクト)でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.01.25

証券会社

LINE証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2021.01.20

証券会社

楽天証券でできること/できないこと/口座開設メリットを解説

2020.12.23

証券会社

プロが検証!無料ライフプランシミュレーション「松井FP」は使えるか?

2019.10.03

証券会社