よくわかる公務員のためのiDeCo(個人型確定拠出年金)特集
お金の不安をなくしてくれる一冊、家計見直し実践書をプレゼント!

iDeCoとNISA 非課税制度をWで使う! あなたもこれでスーパーお金美人

  • たあんとnet編集部
  • 投資未経験者
iDeCoとNISA 非課税制度をWで使う! あなたもこれでスーパーお金美人

以前、確定拠出年金を積極的に利用するお金イケメンと、確定拠出年金を上手に利用できていないお金オンチの例を紹介しました。

ここでは、iDeCo(イデコ)とNISAを活用して、非課税制度をダブルで使いこなす、お金イケメンの上をいく“スーパーお金美人”を紹介します。

iDeCo(イデコ)とNISAの両方を使いこなすスーパーお金美人になりたい!

iDeCo(イデコ)とNISAの活用で、非課税制度をダブルで使いこなす、お金イケメンの上をいくスーパーお金美人
年収500万円。月給33万円、ボーナス52万円。
資産運用に興味があり、会社に企業型確定拠出年金がないので、「iDeCo(イデコ)」と「NISA」をフルに活用毎月の掛け金は、毎月2万3000円、iDeCo口座で。iDeCo(イデコ)の掛け金は2万3000円(バランス型投信)。年間の税金軽減は4万1400円。ボーナス(夏・冬)の運用は毎回25万円、NISA口座で。J-REIT型投信に15万円(年間分配金5400円)を年2回(夏と冬)。配当金の年間税金軽減は約2160円。世界株式型インデックス投信に10万円(今年1年の騰落率2%)を年2回(夏と冬)。値上がり益の年間税金軽減は800円。
1NISA口座で保有なら分配金も非課税
スーパーお金美人の普八洲かなえさんは、NISA口座で、毎回夏・冬のボーナス各15万円で毎月分配のJ-REIT型投信を購入。分配金は年間(2本分)で約1万円だが、本来は約2割が課税されるところをNISA口座での受け取りなので非課税になっている
2もちろん売却時の値上がり益も非課税
J-REIT型投信以外に、世界株式型インデックス投信も毎回NISA口座で10万円購入。今年1年の騰落率は2%だったとのことで、合計20万円の投資で4000円の儲けが。もしも売却すると、800円分課税だが、NISA口座なので非課税

NISAを活用して、資産運用をさらにお得に

税制優遇を受けながら老後資金を積み立てられる制度が確定拠出年金ですが、実は、投資をするうえで税金がお得になる制度がもう1つあります。それがNISA(少額投資非課税制度)。NISAの非課税期間は最長5年間ですが、上記のスーパーお金美人のようにiDeCo(イデコ)とNISAの両方を上手に使いこなすとさらにお得に資産運用ができるのです。

NISAを活用しよう
あなたは税金のお得制度を活用できている? お金美人&イケメンVSお金オンチ

記事を読む

どんなお金が税金軽減される? 企業型確定拠出年金(DC)のメリットを大解剖

記事を読む

2017年1月 加入対象が拡大 誰もが利用可能に! iDeCo (個人型DC)

記事を読む

「iDeCo」早わかりQ&A

記事を読む

非課税制度をダブルで使う! あなたもこれでスーパーお金美人

記事を読む

NISA(少額投資非課税制度)使いこなし術

記事を読む

このページをシェアする

あわせて読みたい記事

迷うあなたはまずここから!ポートスターがサポートします!

大切なことは2つ!大きく負けない分散投資を目指す 投資のソムリエDC

iDeCoの商品選びに悩んだらニッセイアセットマネジメントの魅力的な商品ラインナップに注目!

動画で分かる個人型確定拠出年金「iDeCo」(イデコ)