お金が貯まる時期・出ていく時期は? 人生の「見える化」にチャレンジしよう!②

  • たあんとnet編集部
  • 投資未経験者
お金が貯まる時期・出ていく時期は? 人生の「見える化」にチャレンジしよう!②

ステップ2 「いつごろ」という時間感覚を持ってみよう

ステップ1では、「人生の3大資金」と「思わぬ出費」について説明しました。でもその金は今いっぺんに必要なわけではありません。「いつごろ」必要になりそうかはおおよそ検討が付きますから、それまでに逆算してお金を準備しておくことが大事です。

では、人生においてお金が貯まっていく(貯めていく)時期、お金が出ていく時期を「見える化」してみましょう。

「いつごろ」か、を大まかにイメージしよう

貯蓄の変化のイメージ

貯蓄額の推移を見たときに、最初に取り崩すのは結婚時が多いようです。その後、子供が誕生すれば養育費などで基本的な生活費が膨らむので、貯蓄が増えるペースも鈍化します。

その次に大きく取り崩すのはマイホームの購入時で、一般的には貯蓄を頭金に充てます。その後は、住宅ローンの返済や子供の教育費で基本的な生活費はさらに膨らみ、40代までは貯蓄がなかなか積み上がらないことが多いようです。

しかし子供が巣立つ50代あたりから、再び貯蓄額が増加し始めます。そして貯蓄額がピークを迎えるのは退職時です。その後は年金受給者になりますが、多くの場合、年金だけでは老後資金をまかなえないため、少しずつ貯蓄を取り崩していきます。

若いうちから「見える化」すれば、予測を立てやすい

若いうちからマネープランを立てて「見える化」しよう

注意が必要なのは、ここで取り上げたのはあくまで過去の典型的なパターンだということです。今後も同じように推移するとは限りません。

ひょっとしたら今後の給料アップや退職金はあまり期待できず、貯蓄さえ難しい時代になるかもしれません。公的年金も給付水準が増えるとは考えづらく、毎月の不足額はさらに増加する可能性もあります。貯蓄を取り崩すペースが早まれば、いずれ底をつき、老後の生活が破綻することだってありえるのです。しかし、若い時からライフプランをしっかり考え「見える化」を心がければ、予測も立てやすく準備もしやすくなります

このページをシェアする

あわせて読みたい記事

はじめてだから、気になる・・・みんなが選んでいるiDeCoの商品って?

迷うあなたはまずここから!ポートスターがサポートします!

大切なことは2つ!大きく負けない分散投資を目指す 投資のソムリエDC

iDeCoの商品選びに悩んだらニッセイアセットマネジメントの魅力的な商品ラインナップに注目!