よくわかる公務員のためのiDeCo(個人型確定拠出年金)特集
お金の不安をなくしてくれる一冊、家計見直し実践書をプレゼント!

いますぐ見直すべき「家計の無駄」はどこ? お金イケメン・美人vsお金オンチ②

  • たあんとnet編集部
  • 投資未経験者
いますぐ見直すべき「家計の無駄」はどこ? お金イケメン・美人vsお金オンチ②

家計の課題はどこにある? 各費目をチェック!

STEP1で支出をすべて書き出したら、続いて費目ごとのお金をチェックしていきます。

STEP1「今月使ったお金を書き出してみる」で書き出した支出を、下の表に転記していきましょう。表に記載されているのは、独身女性の家計と2人以上世帯の家計の平均額(家計調査から編集部が試算)です。自分の支出と比較してみていかがですか? 突出している費目があれば、自分のライフスタイルを振り返ってみる必要があります。

ステップ2。何に使いすぎているか書き出してみる

ポイントは、使ったお金を振り返ることで、家計の問題点をみつけ、その理由と解決法を考えることです。

例えば、食費が突出しているケース。外食や惣菜に頼りきりだったり、まとめ買いをしたものの、食材を余らせてしまうということはありませんか? 食費は、工夫次第で引き締めやすい費目です。毎日のランチを週2回ほど手作りお弁当に変えてみる、レシピサイトを参考に余った食材を使い切るなど、自分に合った方法を探しましょう。

また、一見減らしにくいように感じる通信費も、格安スマホに変えたり、通信プランを見直すことで、かなりのスリム化が可能です。

お金の使い方に優先順位をつけよう

その一方で、「これだけは削りたくない」という費目もあるはずです。あるいは、家族構成やライフスタイルによって、減らすことが難しいものもあるでしょう。一見、無駄遣いのようでも、自分や家族にとって価値のあるお金の使い道だと思うのなら、無理して削る必要はありません。無理をした結果、ストレスが溜まってしまい、無駄なお金を使ってしまったら、本末転倒な話です。

こうやって家計の無駄を削ることで、自分の将来に向けての資金になる貯蓄にお金を振り分けられます。今、無駄使いをするより、将来使うお金を1円でも多くプールしていくことのほうが、トータルでみれば、きっと幸せにつながるはずです。脱お金オンチ=貯め上手になることなのです。

次回は、家計の管理方法のコツについてお伝えします。

お金イケメン・美人になるための4つのステップ

記事を読む

記事を読む

記事を読む

記事を読む

このページをシェアする

あわせて読みたい記事