お金が寄る人、逃げる人!? 徹底解剖・お金イケメン・美人vsお金オンチ①

  • たあんとnet編集部
  • 投資未経験者
お金が寄る人、逃げる人!? 徹底解剖・お金イケメン・美人vsお金オンチ①

贅沢しているわけではないのに、なぜかお金がたまらない──そんなお金オンチの人でも、着実に貯められる方法とは? 家計管理から貯めてふやす仕組み作りまで、そのイロハをレクチャーします。

お金イケメン・美人は、自分なりのお金のルールを持っているから、目先の損得に振り回されない。長期視点でお金と向き合える人。お金オンチは、無計画な行動の積み重ねから、お金のピンチを迎えることが多い。自分では浪費家の自覚がないケースも。

チェックが4つ以上なら、お金イケメン・美人

目先の損得に振り回されず長い目でおトクを見極める 

ケチケチしているわけではないのに、なぜかお金が貯まっていく――。そんなお金イケメン・美人の特徴は、「何が本当におトクなのか」をしっかり見極める眼を持っていること。

お金の使い方に対して、自分なりの基準をもっているから、目先の損得に振り回されたり、流行りに飛びついて失敗することもありません。

モノを買う時にも、まず始めに「本当に必要か」「値段の価値はあるか」「手持ちのモノで代用できないか」と自問自答。金額にかかわらず、自分の頭でしっかり考えてから使う習慣ができているため、お金のストレスとは無縁なのです。

その一方で、お世話になった人にプレゼントやお礼をするなど、使いどころをきちんと押さえている人でもあります。

要は、メリハリのある使い方ができているということ。そんな行動がすべてにおいて良い循環を生んでいます。

「自分にご褒美」が口癖の人は要注意!

お金オンチの行動は行き当たりばったり。お金が足りなくなったらATMにダッシュ。時間外手数料がかかっても「ま、いいか」。 〝限定品〟の文字に弱く「分割払いで買っちゃおう!」 そんな浪費を重ねていませんか?

なかには、一見、倹約家にみえる〝隠れお金オンチ〟も。内容量を比較せずにセール品に飛びついたり、節約のためにまとめ買いをしたのに食材をダメにしたり……。

ひとつひとつは小さな金額でも、年間で計算してみると、かなりのムダを生んでいることに気づくはずです。

ステップ1。今月使ったお金を書き出してみる

何にいくら使ってる?現状把握からスタート

無駄遣いしているつもりはないのに、ちっともお金が貯まらない――。そんな人は、まず自分が〝何に、いくら使っているのか〟を知ることから始めましょう。

住宅費や光熱費、ローン関係、保険料など、毎月一定の支出と、食費、レジャー・交際費、被服費、娯楽費など、費目ごとの支出を割り出します。外食費、レジャー費、自動販売機のジュース代など、レシートのないものに関しては、記憶している範囲で構いません。なるべくひと月ごとの集計をすることが望ましいですが、把握しきれない人は、1週間単位でもOK。まずは書き出す習慣を身に付けることが大切です。

〝いつのまにかお金がなくなる〟という人に共通しているのは、〝なんとなく〟お金を使ってしまうクセができてしまっていること。「これって何に使ったんだっけ?」「必要なかったかも……」という支出が多かった人は、要注意です。

お金イケメン・美人になるための4つのステップ

記事を読む

記事を読む

記事を読む

記事を読む

このページをシェアする

あわせて読みたい記事

迷うあなたはまずここから!ポートスターがサポートします!

大切なことは2つ!大きく負けない分散投資を目指す 投資のソムリエDC

iDeCoの商品選びに悩んだらニッセイアセットマネジメントの魅力的な商品ラインナップに注目!