放っておいてもお金がたまる!? 家計の仕組みの作り方 お金イケメン・美人vsお金オンチ③

  • たあんとnet編集部
  • 投資未経験者
放っておいてもお金がたまる!? 家計の仕組みの作り方 お金イケメン・美人vsお金オンチ③

家計内のお金の流れをクリアにしよう

家計の課題を洗い出したら、次は貯蓄方法について考えていきましょう。

毎月、貯蓄に回すお金を一定額確保するためには、家計管理の流れをしっかり作ることです。

家計管理で最も重要なことは、「仕組みを作る」ことです。最初に仕組みさえ作ってしまえば、あとは放っておいてもお金が貯まります。そのためには、家計内のお金の流れをクリアにし、しっかり把握しておく必要があります。

ステップ3。目的別にお金の流れを整理しよう

上の図は、お金の流れをおおまかにまとめたものです。給与振込口座には、自動引き落としで支払われるお金(住宅費や光熱費、通信費、ローンなど)を残し、貯蓄と予備費は別の口座に移動。予備費とは、冠婚葬祭など年単位の支出に備えたお金です。予備費の捻出が厳しい場合は、ボーナスから取り分けておく手もあります。

月の最後に残ったお金を貯蓄に回す人もいますが、着実に、そして計画的に貯めるために、財形貯蓄や社内預金などの社内制度があれば、積極的に活用しましょう。そのうえで、「貯めるための口座」を別に作ることをおススメします。給与振り込み口座から、自動的に別の口座に振り分けられる「自動積立」を設定しておけば、預け替えの手間もかかりません。

シンプルな仕組みほど管理がしやすい

貯蓄を増やしたいなら家計はシンプルに

引き落とし分と貯蓄を振り分けていき、残ったお金が、自由に使える生活費になります。いったん引き出して、予算ごとに分け、手元で管理しましょう

しっかり管理できていれば、その都度引き出す方法でも構いません。食費は、1か月単位よりも週単位で分けるほうが、無駄遣いを抑えられ、管理もラクちん。使いすぎたら次の日に挽回するなど、調整をしやすいのが利点です。各費目の予算内でやりくりする習慣をつけましょう。

支払い日にタイムラグのあるクレジットカードは、使った額をその都度、引き落とし口座へ入れれば、使いすぎを抑えられるだけでなく、家計管理がシンプルです。

お金イケメン・美人になるための4つのステップ

記事を読む

記事を読む

記事を読む

記事を読む

このページをシェアする

あわせて読みたい記事

はじめてだから、気になる・・・みんなが選んでいるiDeCoの商品って?

迷うあなたはまずここから!ポートスターがサポートします!

大切なことは2つ!大きく負けない分散投資を目指す 投資のソムリエDC

iDeCoの商品選びに悩んだらニッセイアセットマネジメントの魅力的な商品ラインナップに注目!

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

人気ランキング